毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
読み聞かせボランティア 5回目
本日5回目

息子のクラスで読み聞かせだった。

落語絵本「まんじゅうこわい」クレヨンハウス


落語家気分で読んでしまった。オチがわかってもらえるように「ん~、まんじゅう、こわいこわい」をわざとらしく口をもぐもぐさせて、いかにも美味しそうにまんじゅうを食べてる感じで読んでみたら、最後の「そろそろお茶がこわい」を読んだ時の反応が「こわいんじゃなくて、飲みたいんだな、お茶が欲しいって意味だな」と伝わったようでよかった。

1つ誤算だったのは、息子にもクラスメイトと一緒に「どんな話なんだろ」というドキドキを味わってほしくて、息子に未読の本を隠しておいて持って行ったのだけど、本を取り出した際に

「○○君(←息子の名前)はもう読んでもらってどんなお話か知ってるの?」

と、話しかけられ息子の顔が顔面蒼白。

「お、俺の知らない絵本…」

どうやら、みんなは知らない絵本の内容を自分は知っている、ということがメリットだった様子…

いや~、悪いことした(笑)

でも、絵本自体は好評で落語の絵本はなかなか私も読んでて楽しくて、今後どんどん探して持って行こうと思った。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
読み聞かせボランティア 2回目
2回目の読み聞かせボランティア。
なんと、今日は息子のクラス。


今日読んだ本

「あたまがいけ」福音館書店
atamagaike

本当は前回と同じく「こいのぼりじま」を読む予定だったのに、

「お母さん、今日は頭が池になる絵本を読んでほしい」

と、息子直々にリクエストがあったので変更した。
さすが、現役小学一年生がリクエストしただけあって、とても反応がよく、これは蔵書に加えないといけないと思った。

「どこいったん」 クレヨンハウス
dokoittan

前回も読んだ本。
今回もなかなか良い反応だった。
やはり、読み聞かせテクニックとして「淡々と読む」という方法ではこの絵本の良さは伝わらないと思うし、作者も訳者も面白おかしく気持ちを込めて読んでもらうことを想定して描かれてると思った。

今後もなんちゃって関西弁で読み続ける!


「どうするジョージ!」 BL出版
dousurujoji

これも前回同様。
絵の魅力もあって短くて幼児向けの絵本なのになかなか楽しんでもらえたと思う。
時間調整用に幼児の絵本は必須だと思った。

今日の感想

息子のクラスの前に立った時、廊下に私の姿を見つけた息子が、

「今日の読み聞かせは俺のお母さんだよ!」

と叫んだ。
自分の息子のクラスで読むということは息子にとって恥ずかしいことなんでは?と少し不安だったりしたが、なになにとんでもない、息子はとても嬉しそうにはしゃいでいて、私が読んでる間もみんなの楽しそうな反応を見ては誇らしげに顔を輝かせていた。

読み聞かせボランティアをやることにして本当によかった。
息子の自慢の母であらねば。

がんばろう。
CO*0 ] page top
初めての読み聞かせボランティア
今日は初めて息子の小学校で読み聞かせボランティアをしてきた。
記録を残すために記事を書いておこうと思った。

続くといいが〜

今日読んだ本

「こいのぼりじま」福音館

koinoborijima

こどもの日の翌日とだけあって、反応は良かった。
今月いっぱいこれを読むのは大丈夫だろうか?少し不安なところ。

「どこいったん」 クレヨンハウス

dokoittan

関西弁で書かれてる本なので、なんちゃって関西弁で読んだけどどうだったのか。
読み聞かせの絵本は感情を込めずに淡々と読むのが良いらしいけど、これを淡々と読むとちとホラーな気がする(笑)
もちろん、関西神になりきって雄弁に読んだ。

なかなか良い反応だった。

「どうするジョージ!」 BL出版

dousurujoji

幼児向けの絵本だけど、絵がとにかく素敵なので子供の反応も良かったと思う。
残り少ない中で「まだ1分あるよ!」と言われて慌てて駆け足で読んだけど、楽しく読めた。



今日の感想

初めての読み聞かせだったけど、わかった事はとにかく自分が楽しむ事。私が楽しく読む事だと思った。
良いと言われる絵本を読むのもいいけど、まずは私が楽しく読める本を見つけて持って行こうと思った。
CO*0 ] page top
クッキージャンキー
クッキードサー
↑クッキーどさーっ なんちて

tsuさんと二人して「Cookie Dozer」というゲームにがっつりハマっている。

こんなゲーム
クッキーがどっさり

見ての通り、簡単に言えばメダルゲームによくある「メダル落とし」のクッキー版だ。

それはもう、隙さえあればやっている。
お互いのあいほんを奪ってでもやっている。

私がCookie Dozerの画面を開いた状態のまま眠ったりしてしまえば、もう餌食。tsuさんがやってしまっている。せっかく貯まったクッキーも使われ、残数が減っているなんてことはしょっちゅうだ。

悔しいので私もtsuさんの入浴中に湯冷め覚悟でパジャマも着ず、tsuさんのクッキーを勝手に落としている。

もう家庭内は戦場だ。

あいほんに変える前、食事中も携帯を手放さなかった私を叱り付けた張本人のtsuさんが、食事中にやりはじめて私が叱るという状態だ。


しかもやればやるほどクッキーが死ぬほど食べたくなる。

もういろんな意味でやばい。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
映画観ました@トイストーリー3
久しぶりに映画で泣いた。
いやー、よかった。

なんかジブリなカメオ出演もあったし。
(カメオじゃなかったりして、がっつり出演料もらってたりして)

トイストーリーを観ると、息子に買い与える玩具も長く使ってもらえるようにちゃんと吟味しないといけないなぁ、としみじみ思う。
親の私が気に入ったものではなく、ちゃんと息子が気に入った物を与えられる親になりたい。

今はまだどうしても私の嗜好が大きく影響した玩具になってしまってるからね。
うちの息子にも、いつかウッディやバズみたいな良い相棒と出会える日が来るといいなぁ。


[ TB*0 | CO*1 ] page top
漫画読みました@ぢごぷり
[ぢごぷり]地獄のプリンセスの意味
↑表紙に騙されるな


tsuさんが「面白いらしいよ」と言うので買ってみた。


すごい。
これはかなりリアルな育児漫画かも。

どうやって育児ノイローゼになるのかがわかる。
というか、どうしてノイローゼになるのかがわかってもらえる、漫画。

いわゆる育児エッセィや育児漫画では語られない、真実、現実の育児が描かれていて、読んでて共感しまくり。


これから赤ちゃん産む人が読む場合は覚悟して欲しい(笑)
けっこう鬱展開だから、読みながら「育児ってこんな大変なんかよ」と落ち込まないように注意が必要かも…。


だけど、読み終えてすごく肩の力が抜けた。
もう少し気楽に育児しなくちゃいかんなー、と。

実は私もこの漫画の主人公みたいに、tsuさん以外の身内にはほぼ頼れない状況下で育児をしてるから、何かあるとすぐ追い詰められてしまいがち。
人見知りのせいで自治体主催のサークルにもなかなか足を運べず、引きこもり体質のせいで近所のママ情報にも疎遠。

世間一般よりかなり孤立した状態で育児をしていたりする。

だけど、この漫画を読んでもう少し周りに頼ってみるのも大事かも?と思えるようになった。
ま、実際に行動に移せるかは別だけど(笑)

とりあえず、今日も育児頑張ります、と胸を張れ、私。
みたいな感想を持てる、鬱展開なのに不思議な育児漫画ですた。


検索結果木尾士目の「恐い育児マンガ」 ぢごぷり1巻 - アキバBlog
ぢごぷり2巻 「木尾士目の子育て漫画、ここに完結!!」 - アキバBlog
[ TB*0 | CO*2 ] page top
何故かドラマは吹き替え派
今、何故か海外ドラマにハマってる。

NUMBERS ~天才数学者の事件ファイル
これはもうコンプリートDVDを買いあさるほど夢中。
天才数学者のチャーリーとやり手のFBI捜査官の兄ドンとの兄弟確執が面白い。メインはもちろん事件の解決なんだけど、サブテーマが家族愛なので、見ていてとても癒されるし、家族のあり方、兄弟のあり方を考えさせられる。
お兄ちゃんの恋愛が上手くいかないのがいつももどかしい。

メンタリスト
インチキ霊能力がきっかけで連続殺人犯に家族を虐殺された主人公が、その類まれな観察力を生かして事件を解決していく話。主人公役のサイモン・ベイカーが、おどけた笑顔の奥に隠された悲しみを見事に演じていて痺れる。
今月初めて日本上陸したばかりなので、乗り遅れてない気分にもなれていい(笑)

コールドケース
「絶対零度」の元ネタってことで観始めたら、こっちのが断然面白くてハマった。主人公のリリーの境遇(母とも妹とも上手くいってない)が自分に似てるのも原因かも。なんか時々観ていて胸が痛い。
過去と現在の回想シーンの演出や、事件当時の流行音楽とかがBGMになってるのもいい。

WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!
多分「警視庁失踪人捜査課」の元ネタ。時間を追って事件を解決していく感じが臨場感があって面白い。
ドラマ内のニュース映像とかの使い方がひねってあって好き。

ニュートリックス~退職デカの事件簿~
これはどちらかというと、人情もの。舞台もロンドンだったりして、他とはちょっと時間の流れ方が違う感じ。事件の中を進行する人間ドラマも若干渋め。ハラハラしないでじっくり世界にハマれるテイストで面白い。


時間のない中、これだけのドラマを観てるので睡眠不足が止まらない。
だけど、息子の後追いが激しい今、昼間にテレビはおろかワイドショーですら観れない生活なので男性陣が寝静まった深夜のドラマ観賞タイムは止められない!

これだけの時間があるなら映画でも観たいところなんだけど、まだまだ夜泣きがあるし、深夜の授乳時間もあるので2時間近くぶっ通しで観るのは不可能。だけどドラマだと間にCMや暗転カットが入るので、息子に呼ばれて中断されても問題ないし、気持ちの切り替えとかもスムーズ。

もう少しまとまって寝てくれるようになったら、また映画をどっぷり観たいんだけど、今は海外ドラマが面白すぎるので十分かな。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
アイアンマン2観ました。
ロバートダウニーJrに夢中

3月の予告通り、アイアンマン2観て来ますた。

個人的には、主人公のトニー・スタークと秘書のペッパー・ポッツの恋愛をメインな感じにして観ていたので、とても面白かった。

とにかくトニースタークは典型的なマザコン男。ペッパー母ちゃんがいなければ何も出来ない。無類の女好きですぐ口説いてベッドインしたりするくせに、大好きなペッパーママとはキスするのもままならない。そんなトニーが今回もゴッドマミーペッパーの顔色を気にしつつ、おねだりしたり甘えたり、怒られたりしながら1人の男として立派に成長していく物語になっている。※誤解のないように言っておきますが、ペッパーはトニーの美人秘書であって母親ではないです。

トニーとペッパーの恋愛は、マザコン男にとって理想的な恋愛だと思う。

自分のすべてを管理している美人秘書のペッパーが彼の母親代わりで、トニーはとにかく彼女が大好きだ。大好きすぎて彼女にはキスも出来ないし、上手く話も出来ないし、いつも言いたい事も半分も言えず。他の女の人のことはしれっと口説けるし、伊達男ぶりを発揮するのに、ペッパーにだけはとにかく頭が上がらない、だけどいつも気を引こうと一生懸命。大好きな彼女のために時間をかけてオムレツを作ってみたりもする。
国を救うヒーローであるアイアンマンのトニースタークが、彼女の前ではただのダメ男だ。

だがそれがいい。

みんなのヒーローのトニースタークは、はたして大好きなペッパーのヒーローになれるのか。
と、そんな感じで観ていたので、私にはすっかりこのアイアンマン2は素敵な恋愛映画になってしまった。

やっぱりいいね。
マザコン男。
うちの息子もマザコンになるのかしら。
やー、それはそれでビミョーだな。




息子と言えば今回も私がいない間、2時間ちかくずっとギャン泣き状態だったらしく。tsuさんによる証拠のビデオも撮られていて、帰宅早々かなりアンニュイに。泣きっていうかもう叫び声。絶叫状態。
こんなに泣いてるの、病院で採血された時以外見たことないよー!
ってくらいの激しいギャン泣き。

可愛らしいストーカーか!って思うほど今は後追いも激しいし、母ちゃん不在はまだまだ酷なようで。
それでも3ヶ月に1回3時間だけの外出だから許してね。
(つまり、息子が生まれて以来、映画以外で3時間以上1人で家から出たことがない)

次の映画鑑賞は9月ごろかな。
何を観ようか、今から楽しみだ。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
シャーロックホームズ観ました。
ロバートダウニーJrに夢中
↑6月には「アイアンマン2」が控えてます。


12月にワンピースを観に行って以来、母になって2度目の映画鑑賞を決行。
結局、私の趣味はあくまで映画館で映画を観るということなんだと痛感。

集中して観ることが出来てすごく満足です。

ただ、私の趣味の時間は
tsuさんと息子の忍耐の上に成り立っている
のだということを、忘れないようにしなければいけません。


頑張って息子を寝かせても、すぐ目を覚まし私の帰宅直前までギャン泣きしてたそうで。
二人ともごめんね。ごめんね。


映画鑑賞は6月までお預けかなー
って、映画の感想まったく書いてないや。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
ONEPIECE STRONGWORLD
これが欲しくて公開初日に観に行ったようなもんです
↑0巻ゲットしました。


妊娠が発覚して以来、久しぶりに映画館で映画を観て来た。


tsuさんに息子押し付けて…


しかしすごい人だった。
今朝の時点で本日上映分のチケットはほぼ完売。

あたしは昨晩のうちにオンライン予約しておいたので問題なく観れたけど、映画館の前にはチケット取れない人で溢れかえってた。

しかもスクリーンに入る人が映画館の外まで列をなしてるわ、予約発券機の紙が切れてるわ、パンフレットは売り切れてるわで大騒動。


肝心の映画の内容は感動より、格好良さ重視って感じ。
とにかく身悶えしながら鑑賞した。

あと、腐女子しか反応しないようなシーンでどよめきが起きた。
結構な割合で腐女子がいたんだと思われる。

少なくともあたしを含め、両隣りは腐女子だった。間違いない。


帰宅したら、憔悴したtsuさんが哺乳瓶片手に息子と奮闘していた。
…ごめん。

でも気持ちよく送り出してくれてありがとう。
また育児頑張るよ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。