毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
DATE: 2011/03/31(木)03:39   CATEGORY: 夫婦のこと
一万年と二千年前から愛してる
キーボード打つのが気持ちよくなったついでに。
ちょっと前うち。さんのブログにも書いてあって、思わず考えちゃったこと。

子供が出来てから夫婦の会話が激減しているっていう。

それは物理的に二人の時間がなくなるし仕方のないことなんだけども、なんていうか。
そもそもがtsuさんが無口な人なので(参照1 参照2 参照3)しかたがないということは重々承知なんだけどもね。

tsuさんは外で働いてきてるんだもんよ。
通勤で人にもまれ、会社で人にもまれ、やっと帰ってきたら妻に絡まれ、そりゃストレスもたまるからゲームしたり、漫画読んだりもしたいだろうよ。そりゃそうだよ。私だって外で働いてたらそうだと思うもん。

でも、一日中会話もまだ微妙になりたたない息子相手に、ずっと独り言みたいな会話をして過してるもんだから、tsuさんが帰ってくるのが楽しみでしょうがないのよ。
いや、子供が出来る前からtsuさんの帰りは基本的にいつも楽しみに待ってるけれども。

やっと会話のできる人が帰って来るんだもの。
やっとまともに話ができる人がね、目の前に居るのに、話聞いてるんだか聞いてないんだかわかんない相槌や態度で、話してる最中も息子に邪魔され、泣かれ、あげく「母ちゃん、俺の相手もしろ」と怒られ。

話は聞いてくれてる。態度はともかく聞いてくれてる。
でも、「聞いてんの?」と毎回言いたくなってしまうような態度ではストレスがたまる。
ぶっちゃけてしまえば、何か話したい話題があるわけでもない。
テレビなんてもうNHK教育しか見てない。
ワイドショーなんかもうここ数ヶ月ろくに見てない。
最近は震災の話題ばっかりだったし。
そもそも家からほとんど出ないし、出ても児童館や病院に行くくらいで、目新しい話題もない。

ただ、会話がしたいの。
言葉のキャッチボールがしたい。

もっと言えば、tsuさんがだらだらどーーでもいいことを話してるのを「うん、うん」と相槌打って聞いていたい。
言葉が欲しい。
オチなんてなくてもいい。

相談や愚痴じゃなく、ただ雑談がしたいのよ。

しかもできればたくさん。

時間が惜しいくらいしたいの。

でもtsuさんは「そんな話すことない」という。
そらそうだろうけど、付き合ってる時はあんなに話すことがあったのに、今振り返っても何を話していたのか思い出せない。あの時は何をそんなに話すことがあったのか。
恋のマジックか。盲目だからか。


もう、いっそ最近読んでる漫画のあらすじを延々話してくれるとかでもいいから、tsuさんと話がしたいんだけどな。

なんか、色んな人のブログやツイッターのつぶやきを見ていると、どこもみんな同じ悩みであふれてる。
先日のキルト教室の生徒さんたちの愚痴も同じだったよ。

「うちの夫なんか何話しても相槌ひとつ打ちゃしない!」



はー、これ育児云々じゃなく、男脳女脳の問題なんだろうね。
男女が出来てから何万年と経ってるのに、この問題は永遠に進化しないままなんだろうか。

遺伝子で進化しなくてもいいくらい、優先順位が低い問題なんだろうか?
そうは思えないんだけどな~。

みんなそこは愛でカバーしてきたんですよ、なんてオチだったりするんかな。
だったら、私も頑張らないとなぁ。むむむ。
コミュニケーション不足はどう解消するのがベストなんだろう。

tsuさんと夫婦してる間はずっと付いて回る課題だな、これ。
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2010/11/14(日)00:05   CATEGORY: 夫婦のこと
ミイラ取りがミイラになる夜
「息子を寝かせたら夫婦でゆっくりしようね!」
と話していても、いつも息子より先に寝てしまうtsuさん
起こしてイチャコラしたいが、毎日仕事で疲れてるんだろうし休みの日くらいゆっくり寝かせてあげたい・・・と思うと起こせない。

どうせ起こしたって疲れることさせちゃうんだしぃ~
しかたがないから一人でのんびりしよう~っと。

という、私なりの思いやりはなぜかいつも伝わらず、

「どうして起こしてくれないの!いちごのバカ!」

と毎度怒られる。


非常に不本意である。


不本意だから今夜も起こさないのである。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2009/05/02(土)00:41   CATEGORY: 夫婦のこと
わしゃわしゃ
今週はなんとなく気が滅入っていた。
今思えば特に理由なんてなかったのだろうけど、もしかしたら、急に暖かくなったからかもしれない。

で、ずっとふさぎこんでいたので、読みたい本はほったらかし、HDDに溜まってるドラマもほったらかし、家事もほったらかしだった。まぁ、家事がほったらかしなのはいつものことだけど。

そこでいつもなら、ふさぎこんでる理由を自分なりに探すのだけど、今回はどうも特に理由らしい理由も見つからない。tsuさんと喧嘩したわけでもなし、体調が悪いわけでもなし、何かトラブルがあるわけでもなし、悩みもなし。あえて言うなら、意味もなくふさぎこんでしまってる自分に苛立つくらいで。

しかし、とうとう先日、ふさぎこんでる自分に嫌気が差しすぎて、遅くに帰宅したtsuさんにちょっとヒステリックに八つ当たりしてしまった。
まぁ、こう、うがーっと。「ほっといてよー!」的な。

最初は困惑気味だったtsuさん。
だってヒステリー起こすなんて久しぶりだ。
少なくともここ数ヶ月はなかったと思う。

一生懸命「どうしたの?」「なにがあったの?」とtsuさんが聞いてくれるけど、そんなの答えられん。それがわかんないからイラついてるっちゅーの。しかも、自分でももう、わけがわかんなくなってて、うがうがしか言えず、言葉にならない。

「あうー!もういやー!ほっといてよー!」
ぽこぽこtsuさんを叩く。本当はほっといて欲しくない。
「さわんないでよー!」
tsuさんの腕をグワシと掴む。本当は触ってて欲しい。

そのうちポロポロ涙が出てきた。
やだやだ。もうやだ。

すると急にtsuさんが、あたしの両腕をがっつり掴んで布団の部屋まで強制連行。
「いいから、もう。横になってなさい」
「やだーやだー」
子供みたいに泣くあたし。

結局、布団に放り込まれて、添い寝されてる間に寝てしまった。

次に起きた時、テーブルの上には大好物の「鶏唐揚げのおろしポン酢あえ」が出来てた。
先刻の無礼を謝りもせず、もさもさと食べた。
でも、ちょっと気が晴れた。

その夜、久しぶりにtsuさんの腕枕で寝ようと、横でもぞもぞしてたら、もうすでに半分寝始めてたtsuさんが目も開けないまま、あたしの頭をがっつり掴んで、大きな手でわしゃわしゃした。
そのままtsuさんの肩口に頭を押し付けられる。
しばらくtsuさんに頭をわしゃわしゃされながら、あたしはtsuさんの肩口を涙でぐっしょぐしょにした。


そして翌朝、起きたら気分はすっかり晴れていて、あたしは久しぶりの洗濯をした。

真っ白になったtsuさんのYシャツを干しながら、
「tsuさんと結婚して本当によかったなぁ」と思った。

とりあえず、そんなある日の話。
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2009/01/06(火)02:02   CATEGORY: 夫婦のこと
君の寝顔を見つめていたいの
彼女・奥さんと同じベッドで寝ていますか?【[Business Media 誠】

これを書いてる今現在、tsuさんはあたしの布団で寝ている。
でも頭は自分の布団にある自分の枕の上。
つまり体が斜めな状態?
tsuさんの掛け布団はtsuさんの敷き布団の足元にまるまってる・・・。

っていうかあたしの寝る場所は何処?

tsuさんの寝付く時間は横になって約5分以内。
リアルのび太君状態。

あたしは寝てる人が横に居るとなかなか寝れないタイプ。
なので夜は布団で本を読んだり、携帯でサイト巡ってたり、今日みたいに夜更かししてたり。(ちなみにパソコン立ち上げるのは10日ぶりです)
自然に眠くなるのを待つ感じ。

まぁ、その分昼間に思う存分寝てますが。

ちなみに我が家は同じ寝室で、別布団。
敷き布団の間を詰めてるのでキングサイズ状態ではあるけど、掛け布団が別だからあまり意味はない。
とはいえ、冬は寒いのであたしの布団に潜ってtsuさんは寝てるけど、朝起きたらちゃんと自分の布団に居るから不思議。・・・もしかしてあたしが追い出してるのか?

でも、いつかダブルベッドで寝るのが目標。
お互い自分の親が現役夫婦ダブルベット族だからかな。
夫婦別寝室には多分ならないと思う。

だって、夫婦の寝室が離れたらもう終わりって、言わない?
どうなのかな。迷信かな。

tsuさんの寝顔を見てるのが好きなので、何があっても寝室だけは分けたくないなぁ。

ちなみにあたしの携帯のピクチャーフォルダには、「tsu」フォルダがあるのだけど、90%がtsuさんの寝顔。残り10%も起きてるけど、遠方からの盗撮だったりする。
盗撮フォルダって名前に変えたほうがいいくらいだけど、いざ落とした時に人に見られたら誤解を呼びそうだからそうしない。

そういや、関係ないけど、
ユニコーン再結成ヽ(´ー`)ノバンザーイ ってことで。

友人にファンが多いから、ちょっと楽しみだったり。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2009/01/03(土)07:15   CATEGORY: 夫婦のこと
シンデレラボーイレジスタンスガール
お正月だというのに、0時過ぎたら欠伸をし始めるtsuさんのせいか、ほとんど夜更かしをせず通常通りに目が覚める日々。
大晦日も年明け早々に布団へ。

お正月特番の深夜番組もほとんど観てない。
一応録画はしてあるけど…3時間スペシャルとか…いつ観るんだ?

同居し始めた当初、お互いの生活リズムの違いでは本当によく揉めた。
その中でも特に、寝る時間で。

当時のあたしは深夜に友人達とチャットをするのが唯一の楽しみで、そのためにパソコンを買ったと言っても決して過言じゃない。
だけどtsuさんは毎日0時には寝たい人。
0時なんて、パソコン立ち上げる時間だよ!

「友達に頼んで早くチャット始めればいいじゃん」

なんて、テレホーダイ時代からの習慣を一蹴する一言を平然と吐くtsuさんに、腹が立つやら呆れるやら。結局、独身者の生活パターンを勝手に結婚した人間に合わせてもらうわけにはいかず、あたしは長年の楽しみだった深夜チャットを止めてしまった。

最初はかなりtsuさんを恨んだし、泣いたし、友人達と話せないストレスで夫婦喧嘩も絶えなかったけど、今となってはそれも良い思い出。

普通に考えたらtsuさんの寝る時間なんか気にせず、勝手にあたしだけ起きててチャットしてれば良かったのかもしれない。実際今はたまにそうしてる。けどやっぱりお互い好いて結婚したからには、一緒に布団に入り一緒に寝て、一緒に起きて一緒に朝ごはんを食べたいもの。tsuさんが0時に寝たいなら、それに合わせるのが良き妻のあるべき姿だろう、なんて、結婚当初あたしは思ったのだ。結局そのまま今に至り、あたしの生活パターンはすっかり変わってしまった。

まあ、それでも二度寝はするので、単に睡眠時間が増えただけかもしれないけど。

しかし思い返すと、あたしが独身時代からの生活習慣を変えられず、同居した頃のtsuさんとは無駄な喧嘩をたくさんした。最終的に全部tsuさんに合わせる羽目になるんだろうな、って、頭のどこかでわかってたから悪あがきしたかったのかもしれない。だって、そんなの、規則正しく生活してる人が勝つに決まってる。あたしがどんなに不良妻を気取ってても、惚れた弱みかドMだからか、愛する夫に逆らってまで我を通すことは出来ないわけで。ましてtsuさんお得意の「論理的かつ合理的な正論」を展開されたら、もうお手上げ。正論を吠え出したtsuさんにあたしが敵うはずもなく、言い返すだけエネルギーと時間の無駄。さっさと降伏したほうが夫婦の絆も健康も、円滑に保たれるというものだ。


でも、まあ。
タバコとデリバリーピザはたまに恋しくなるけど。
しかし、そこは我慢我慢。
愛と健康を貫くのためには仕方ないのです。


さて、tsuさんもまだ起きないし、二度寝でもするかな。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/12/20(土)01:32   CATEGORY: 夫婦のこと
超忘年シンデレラ旦那ちゃん
今日はtsuさんの会社の忘年会だったのだけど、珍しくtsuさんがへべれけになって帰って来た。

tsuさんは酔うとちょっとごねる。
っていうか甘え上戸になる。
亭主関白上戸とでも言えばいいのか。そんなのあるのか知らないけど

で、あたしは元々だめんずウォーカーなせいか、ダメな状態になってる人を前にしたとたんに背筋がしゃんとする癖がある。普段のダメ嫁っぷり(自分で言うか)が嘘みたいに、自然と体が動く。昼間の家事もこのくらいの手際でやれたらスーパー主婦の名を欲しいままに出来そうなのに、っていうくらいにテキパキ動ける。言い過ぎか

さながら自分で自分が別人のよう。
あたしの中には眠れる獅子が、じゃなく眠れる「だめんず好き」がいる。

面倒をかける男や面倒くさい男、扱いにくい男が元々好きなのだ。
だのに自分も相当面倒くさい女なので、やっぱり面倒くさい女好きなtsuさんと結婚してしまった。そしてtsuさんは自他共に認める「しっかり者」。あたしの中の眠れる「だめんず好き」要素は、tsuさんと結婚して以来、すっかり身を潜めてしまった。

ところが、だ。
こうやってたまに愛するtsuさんが愛すべき「だめんず」に変貌する時がある。そこであたしの中の眠れる獅子が華麗に登場というわけだ。

といったって、酔っ払いの介抱なんてやることはたかが知れてる。それでも普段面倒を見てもらってる側の立場としては、この一時的な形勢逆転状態は大変心地が良い。「ああ、tsuさん。あたしと結婚してよかったねぇ」と思える数少ない瞬間だったりするわけで。


やっぱりね、男はちょっとだめなくらいがいいんですよ。
tsuさんはちょっとつまんないですよ。
自分で何でも出来ちゃうもん。
なんであたしなんかと一緒に居るんだろうって、毎日思うし。
だからって、良い嫁になる努力もたいしてしてないけど。

「ごめ~ん、いちご。俺、酔ってるよね。うえ~、気持ち悪い~」
と酔っ払ってだめんず化してるtsuさんが言う。
タコみたいに真っ赤になって、タコみたいにくねくねしてる。

このままずっとだめんず化してりゃいいのに。

朝になったらきっといつものtsuさんに戻ってしまう。
むしろ、今夜の醜態を気にして、いつも以上に優しいtsuさんになるんだろう。
tsuさんはそういう人だ。
だからそれまでデキる嫁気分を満喫してやるんだ。


・・・なんて思ってたのに、tsuさんはもう眠ってしまった。
布団で大の字になって気持ちよさそうに大いびきをかいている。

なんだか少し寂しい。
もっとめちゃくちゃに大暴れして、相手をするのもてんてこ舞いなくらい振り回して欲しいのに。「ああ、もう。ホント、あたしがいなくちゃダメなんだから」なんて甘美な優越感にもっと浸っていたいのに。

くそう。
起きたらめちゃくちゃに甘えてやる。
今夜のあたしが幻だったと思えるくらい、ダメ嫁化してやるんだ。

まぁ、それが出来る人だから介抱を頑張れるんだろうけどね!
キラッ☆
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2008/12/08(月)18:26   CATEGORY: 夫婦のこと
2周年@3年目の手抜きぐらい多めにみてよ。
あっと言う間です。

tsuさんと結婚して今日で2年になった。
あと、tsuさんも今日で29歳に。

とはいえ、特に何もしていない。

今朝、tsuさんに向って
「誕生日おめでとうございます。残り少ない20代を楽しんでください
バカ丁寧に挨拶したくらいかな。ヒドイ

この週末は普通に過した。
むしろいつも以上に休日らしく、レイトショーに行き、本屋に行き、ゴロゴロしてゲームをしたり本を読んだりして過したかも。(我が家の休日はこんな感じ
唯一したのはちょっといつもより高いお肉を買ってすき焼きをしたくらい。
結婚記念日や誕生日プレゼントも特になし。

どんなに希望を聞いても「なんにもしなくていい」としかtsuさんは言わない。
だから、今日もあたしはいつもどおりに夕飯を作り、いつも通りに過す。
あたしの誕生日の時は旅行に行ったり、結婚指輪新調してもらったりしてるのに、なに、この家庭内格差。やはり自分で稼いでないと自由に使えるお金の限度額に差が出るのか。それともただ面倒くさいだけなのか。たぶん面倒くさいんだな。


昨日tsuさんに
「『まだ2年』って思う?それとも『もう2年』って感じ?」
と聞いたら、
「『もう2年』かな。
もう5年くらい一緒に居る気がするし
と言われた。 ホントは出会ってまだ3年

・・・確かにtsuさんはあたしと出会う数年前の体験のいくつかが、あたしと経験したように記憶が操作されている節があるけれど。それ違いますから~それあたしじゃないですから~元カノとですから~。まさに3年目の自爆。しかし、それを笑い飛ばせるのも3年目の余裕か。

でも、良く考えたらまだ2年の新妻なのにすでに新鮮味に欠けるということなのかしら?なんてネガティブ妄想しすぎ?そんなことない?

とはいえ、結婚3年目にしてすでに結婚記念日が通常営業状態なんて、もう新婚気分ではないのは確か。ラブラブ夫婦でいるのと、いつまでも新鮮な二人でいるのとは微妙に違うのかもしれないな~

そんな結婚3年目。



・・・うーむ。
やっぱり今夜はtsuさんの大好物のカレーにしようっと。

結婚記念日関連記事
・2006年12月08日  誕生日プレゼント。
・2007年12月08日  1周年@夫婦は我慢するのが大切だと知った。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/11/25(火)07:11   CATEGORY: 夫婦のこと
ジタクゾク・インドアナ・イエスキー
今回の三連休でいまさら思い知ったことがある。

あたしたち夫婦は本当に心底オタク夫婦
なんだ・・・と言うこと。
三連休は結局どこにもお出かけしなかった。
ほぼ8割自宅。
少し外出したのも
・本屋で新刊コミック購入
・電気屋で新作ゲームをチェック(チェックのみ)
・スーパーでアイス(寒いのに)

そして
・漫画喫茶(王道)

さらに、移動中のカーステレオからは林原めぐみ。

ほんっとにあらためて思うけど、オタク道一本って感じだ。
久しぶりに出かけたカラオケでは9割アニソンだし。
そりゃすっごく盛り上がったけども。

自宅での時間もほとんどお互いに本読んでるか、ゲームしてるか、PCの前に座ってるか。BGMもなし。連休最終日になってやっとお出かけモードになった頃には、外は雨。

思えば我が家は寝室の壁一面が本棚で埋まっているし(600冊くらい)、押入れの一角もコミックケースで埋め尽くされ(400冊くらい)、PCは1人一台、DSも1人一台(GBAにワンダースワンもあるでよ)、PS2にWii、UNOから水道管ゲーム、果ては麻雀牌まで、各種取り揃えたボードゲームは山積、玄関にはガンプラ数匹(?)、ローボードの引き出しには映画のDVDみっちり、数週間篭城する羽目になっても自宅でやることに困ることはないだろうというくらいのバリエーション。(それでも一緒に住む際に結構な量の本やゲームを処分したのでかなり厳選されて量は少なくなっているけど。tsuさんの実家にはまだコミックが1000冊くらいある。なのに音楽CD所有数は二人足しても50枚満たなかったりして)

そして連休はいつもそれを満喫して過すわけだ。

でも今の時代、夫婦それぞれPCやDSを1台ずつ保有することはそんなに変でもないのかな。さずがにシレンを1個ずつ買ったのはやりすぎだったかもしれないけど。

たまに遠出してるのもインドア過ぎることへの危機感からのことであって、能動的に出かけているわけでもなかったり。遠くの映画館や漫画喫茶にはいそいそ出かけていくのに、不思議だ。

それでもtsuさんのお友達の中にはアウトドアな人も何人かいて、たまにお出かけに誘ってくれることが唯一の救い。きっと自分たちだけでは休日にどこにも出かけないまま数ヶ月とか、普通にありそうで怖い。ただ、あたしが人見知り過ぎてメンバーによっては、二の足踏んでしまうことも多いのが問題かな。あと、普段から仲良くしてる人でも常日頃人に接して生活してないから(tsuさんは別)、長い時間人と過すと「人疲れ」してしまうのもいけないのかも。
って、原因あたしか!?


「インドアはダメ」ってわけでもないのかもしれない。
だけど、なんとなく危機感がある。あまりにも二人が出不精すぎる。
外の世界で何かに感動したり、それを誰かと共有することって生きていく上でとても大事なことだと思うし。tsuさんは左脳ばかり発達してるから右脳を鍛えたいし?え?余計なお世話?
あたしも「人疲れ」しちゃう性格を治した方がいいような気もするし、でもこれは治らないような気もしてたり・・・

それでもたまに天気の良い日とか、二人で自転車デートしたりすることがあるからまだましなのかな。


だけど、今年はこのまま紅葉を見ることもなく秋が終わりそう。
少なくともtsuさんはこの休日、紅葉なんかよりジャンプを立ち読みしそびれてることの方が気になって仕方がなかったようだし・・・

あたしはあたしで今読んでる本格ミステリーのトリックが気になってしょうがないし・・・

うーん。
自宅が居心地よすぎるのも問題だね。
[ TB*0 | CO*10 ] page top
DATE: 2008/11/10(月)18:57   CATEGORY: 夫婦のこと
やっぱり重要なんだよ。
身長180センチを超えると起きる弊害【活字万能幻想ブラックハート】

偶然にも巡廻先のサイトで遭遇

とにかく文章が素敵なので、是非ともリンク先を読んで欲しいわけですが、とりあえずリンク先(コメント欄も含む)から抜粋すると

 ・無駄に目立ってしまう
 ・視線が合ってしまいやすい
 ・あらゆるものの基本設計が180センチ以上を想定していない
 ・根拠も無く「背が高いからモテるんでしょ?」と言われる
 ・背が高い=「中学高校時代バスケ部(あるいはバレー部)だったでしょ?」
 ・電車の吊り革がスゴく邪魔
 ・電車で下車時に頭をぶつけて流血
 ・スーパーの天井からぶら下がってるポップにあたる
 ・半袖の衣類はいいが、長袖が短い。
 ・女の子の胸の谷間が高いアングルから見れるから気になる(これメリットか)
 ・重要なのは前戯!


これって150センチ以下でも似たようなことが言えないかしら。 

 ・人ごみで埋もれ、見つけてもらえない
 ・背の高い人にひじ掛けにされる
 ・あらゆる台所用品が150センチ以下の主婦を想定していない
 (例:冷蔵庫の最上段、奥から物が取れない。吊り棚に手が届かない。)
 ・根拠も無く「小さいからモテたでしょ?」と言われる
 ・背が低くい女を彼女にする人=「彼氏はロリコン?」
 ・短パン、ミニスカはいいけど、ロングスカートが長すぎる
 ・「ノッポ」は悪口じゃないけど「チビ」は悪口だ
 ・基本的に男の人をいつも見上げる形になるので、ヒゲの剃り残しや伸びた鼻毛がやたら気になる
 ・背の高いお姉さんに「やだー小さい!可愛い!」とか言って抱きつかれたりすることがある(これはメリット)
 ・重要なのは前戯!



やっぱり重要なのよ、前戯は。


しつこくエロネタごめんなさい
[ TB*0 | CO*6 ] page top
DATE: 2008/11/08(土)12:56   CATEGORY: 夫婦のこと
背中から抱きしめて
10代ギャルの15%はお風呂でケータイ 現代お風呂事情をINAXが調査【asahi.com】

tsuさんと一緒に暮らし始めて今月で2年になった。
それからずっとお風呂には一緒に入っている。一緒に入らなかったことは多分、数回しかない。どちらかが風邪をひいたとか、そんな時。でも最近は風邪を引いた時はお風呂に入ったほうが治りが早いらしいので、入るようにしてるけど。

結婚当初、大喧嘩した際にtsuさんが1人でお風呂に入ろうとした事があった。あたしにはそれがものすごくショックで、「なんて酷い仕打ち!」とお風呂場の前でさめざめ泣いたことがある。それ以来、喧嘩してもお風呂の時間までには不思議と仲直りしている。

というか、喧嘩中でも「お風呂どうするの」の一言が出れば言われた方は「入る」と言うしかないので、結果一緒に湯船に浸かっているうちに仲直りする羽目になるのだ。ちなみに謝るベストタイミングは背中を流す時。

我が家では自分の背中は自分で洗わない。
必ずあたしの背中はtsuさんが、tsuさんの背中はあたしが洗う。
そして洗ってもらうとき必ずお互いに「背中洗って~」と言う。
つまり、喧嘩してムカついてても「洗って」と言わなくてはいけない。
だから喧嘩してムカついてても、背中を洗う。

気がついたら不思議と仲直りしている。

とはいえ、喧嘩中くらい「一緒に入らない」と言ってしまってもいいような気がするけど、それを言ったら修復不可能なくらいの心の溝が出来そうだからか、なんとなくどちらも言わない。どんなに腹が立っていてもお風呂には一緒に入らなければいけない、という暗黙のルールにでもなっているのかしら。

毎日必ずする儀式としての「お風呂」になっているのかも。


でもそんなラブラブな理由だけじゃなく、実際問題一緒に入ればガス代が浮くし、二人で入れば少ないお湯でも肩まで浸かれるし、すごく節約になってる。
もちろん残り湯は毎回洗濯に使ってるし、床の雑巾がけにも使っている。洗車するときも残り湯を使うし(バケツ抱えて駐車場まで行く)、手洗いする下着もお風呂場で洗う。

中には「夫と入るとリラックスできない」とか「バスタイムを楽しめない」という人もいるみたいだけど、あたしは1人で入るほうが落ち着かないかも。1人じゃ上手く頭も洗えないし・・・

あれかな、無駄毛の処理とかが恥ずかしいのかな。
もしかして、そういう恥じらいの心を持ってるか、そうじゃないかで分かれるんだろうか。そうだとしたら「夫婦で一緒にお風呂に入ってます」なんて「夫の前でも平気で腋毛剃ってます」と言ってるようなものなのか。いや、まぁ、剃ってるけど。

でも本当は毎日仕事で家に居ない旦那様と少しでも長く一緒に居たいっていうのが本音。それにお風呂だと、普段無口のtsuさんが不思議とおしゃべりになるから、毎日会話が楽しみだったりして。

そういえば、あるてぃさんが「奥さんとは一緒にお風呂に入らない」と言っていたけど、一緒に入らないメリットっていうのもあるのかな?そして記事に出てくる友人夫婦ってたぶんあたしたちのことだと思うんだけど、どうなんだろう?

もちろん、たまにトイレも一緒にしますよ。
変態夫婦ですから。
[ TB*0 | CO*4 ] page top
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ