毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
最後の言い訳
ブログを休憩すると言っておきながら、たいした期間もあけずしれっと再開してますが、どうも「ブログを休憩したいくらい育児でいっぱいいっぱいだ」という誰にも言えず悶々としていた胸のうちを吐き出したことがよかったみたいで。

なんだか急に育児に余裕が出てきました。

ブログでストレス発散できるように楽しみたいと思います。
なんか心配かけてすみませんでした。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*8 ] page top
しばらく休憩
まるで肉体労働者なホセ君
↑ここらでちょっと一休み



しばらくブログを休憩します。
エイプリルフールに便乗してますが、嘘じゃないです。

tsuさんのブログもエイプリルフールで止まってることだし(笑)




一応理由としては、

このまま育児ブログになっていくのが嫌だなぁ、という勝手なポリシーだったりします。
あくまで結婚生活を書くブログでありたいという、ね。

でも現実は1日24時間、ほぼ子供につきっきりで、育児以外の話題が提供できない。
さらに、育児に追われ過ぎてパソコンを立ち上げる時間的な余裕すらない。

育児自体は楽しいけど、自分の時間がまったくと言っていいほど、ない。


子供がもう少し成長したら、ブログをやる余裕が出てくるかしら。
いや、もっと忙しくなるような気もするなぁ…


世の育児ブログをやってるママさん達に、時間のやりくりを教わりたいくらいです。


実は、(里帰りしてないとか、話題にならない等で)すでに察してる人も居るかもしれませんが、数年前から自分の身内と完全絶縁状態になってまして、なんちゃって天涯孤独の身の上になってしまいました。(引っ越ししたことも、妊娠したことも、まして出産したことも、私の身内には教えてません)
故に、近親者に一切甘えられない、という…(のを覚悟した上で絶縁し、妊娠し、出産したんですが)
なので、うっかり気を張ると自分の性格的にかなりストイックな育児になってしまい、ぶっちゃけ、毎日かなりてんてこ舞いです。側で優しく支えてくれるtsuさんや、tsuさん親族の有り難みを日々痛感しております。

とにかく今は、1秒でも多く気持ちを休める時間が欲しい。


今の私は、ブログをやる時間が息抜きだ、と言うにはちと自分に余裕がないようです。



ちょっと遅めの育児休暇を取る、ということで、

ブログを休憩したいと思います。
(案外すぐ復活しそうですが)


とりあえず、


みなさんしばらくごきげんよう





うるめいちご拝
[ TB*0 | CO*10 ] page top
来週、妻は入院します。
半分以上リサイクル商品
↑ベビーベッドは寝室にあったりする。

いよいよ来週始めに手術。
本当は来週末だったのだけど、赤ちゃんが大きすぎて数日早まってしまった。

まだ臨月になったばかりなのに、もう3000グラム越えてるらしい。このまま普通に予定日まで育ってたらどうなってるんだろう・・・。
予定帝王切開なので本来なら普通の子より早産気味で産むのに、すでに未熟児ではないことが確定して嬉しいやら、重たいやら。

ベビー用品もあらかた揃い、後は入院する日を指折り待つだけ。

他には、腹を切る覚悟をするくらいかな。
実は今頃になって怖くなってきてたり。

だって痛いんだよ、麻酔のための注射。
今回はどうなるんだろうか。
まぁ、赤ちゃんの顔見たら痛みなんてふっとぶだろうけど。
[ TB*0 | CO*14 ] page top
子授け人形の作り方
先日お礼参りに行ってきた金剛寺(子安大師)に奉納してきた子授け人形

詳しい作り方を教えて欲しいというコメントがあったので、簡単ですが、記事で紹介してみることにしました。
私自身、人形の作り方がわからなくてとても苦労しましたし、これから子授け人形を作る人へ少しでも参考になればいいかな、と思います。

ただ、注意して欲しいのは
この作り方が正式と言うわけではありません。
ということ。

あくまで、私個人が紹介する我流の作り方であり、数ある人形の作り方の ほんの一例 だと思っていただきたいです。この記事を参考に人形を作ったことで、金剛寺さんサイドから何か注意を受けても、私に責任は取れませんのであしからず。
あくまで自己責任でお願いします。

長くなるので分割します。   

作り方は こちらから ↓↓↓
つづきを表示
[ TB*0 | CO*8 ] page top
なんとなく、そうだろうとは思ってた。
男と女を産み分ける方法 【メンズサイゾー】
http://www.menscyzo.com/2009/07/post_142.html

 ・電磁波の強いところで働いている人の家庭には、女の子しか生まれない
 ・性行為に及んだ時の照明の明暗が、男女を決めている
 ・高カロリーの食事を取っていると、男児が産まれる確率が高くなる



先日、やっぱりどうにも調子が悪いのでtsuさんに仕事を休んでもらって病院に連れて行ってもらった所、偶然性別が判明。

なんと、男の子だそうで。

でも、tsuさんはIT関係の開発をしてる関係上、かなり電磁波まみれの仕事場で勤務してるし、夜の生活も一応真っ暗派だったのだけど違ったようだ。
・・・ってことは考えられる理由は高カロリーかい。


しかし、会う人の約9割くらいに
「男の子が生まれてくる気がする」
と言われていたのだけど、何かあたしにそのように言われる要素があったんだろうか。

あー、でもtsuさんのちっちゃいのが出てくるのかー。
こりゃ相当お調子者の暴れん坊の、頑固で融通の利かない面倒くさい子だろうなぁ・・・。

いや、まぁ、あたしに似ても違う意味で面倒くさそうだけどさ~
[ TB*0 | CO*2 ] page top
今秋、開腹します。
突然ですが、今年の10月に開腹手術をすることになりました。
2週間ほど入院する予定です。

理由は、

赤ちゃんを取り出すため。 おぎゃー

実は現在妊娠してます。
そしてこの度、無事に安定期に入ったので、ブログで報告することにしました。
只今妊娠5ヶ月です。

今日の報告をするまでに、それはまぁ、いろいろありまして。
簡単に報告しておきますと、

・妊娠初期に大出血。
実は、引越しを目前にして、大量に出血しました。

おそらく引越しの荷造りをするために、ちょっと無理をしたせいだとは思うのですが、とにかく
トイレと食事以外は寝ていること
と言う指示を病院から受け、引越し前後はほぼ寝たきり状態で過す羽目に。

それでも昼間動けるのはあたししかおらず、何度かはどうしても出かける必要があり、なかなか出血がおさまらなかったです。辛かった、というか怖かった。とても。

この時の一番の思い出(!?)は、大量に出血して大パニックになってしまい、結婚してから初めてtsuさんの会社に直接電話をしたこと。
その時電話で受け付けてくれた人が、tsuさんと一緒に何度か食事もしたこともある同僚の女性の方で、あたしは彼女が大好きだったため思わず気が緩み、電話口で号泣して彼女をすごく心配させてしまいました。

もちろん、今はもう大丈夫です。


・つわりがひどかった。
吐くために食べてるのじゃないか、と言うくらいになりました。

大好物は全滅。
てんぷら、唐揚げ、チャーハンやこってりラーメン、焼肉もダメ。
とにかく、脂っこいものは映像を見るだけでも吐き気がするほど。

ご飯を作るのも困難な状態になってしまい、それ以降、食事の支度は全部tsuさん任せ。そもそも、出血があったせいで、寝たきりになっていましたし。

今はもうすっかりおさまって、
「体重増えすぎてるから、お菓子は禁止ですよ」
と、ドクターストップが入るくらいもりもり食べてます。
まぁ、ここ最近のブログを見てればわかりますね・・・。

で、そのドクターストップも今回解禁されました。

でも何故か、ご飯を作る係はtsuさんのまま。
変更の予定も何故か、今のところありません。


・過去に流産経験がある
実際のところ、過去の流産経験は、後の妊娠にほとんど影響がないと言われているみたいです。

でも、宿した命を体の中で亡くすという「けいりゅう流産」を経験し、自分の子宮の中にわが子の屍が居るという「歩く棺桶」状態を味わったトラウマを捨てきれませんでした。なので、妊娠が発覚した後も、無事に安定期を迎えるまでは、毎日本当に気が気じゃなかったです。

何度、お腹の中で赤ちゃんが死ぬ夢を見たことか。
その度、不安でわんわん泣いてました。

怖かった、本当に。

今ではなんとなく胎動のようなものもあるので、ちょっと安心してます。
実際に胎動を感じるのはもうちょっと後らしいんですが、経産婦だと早いんだそうで。う○ちなのか、オナラなのか、よくわからないゴロゴロした感じが最近ずっと続いてます。

そのうち派手に蹴られるんでしょう。
ドMっ子としては今からドキドキです。


・14年のブランクがある。
前にお子を産んだのは20歳でした。もう14年も前のこと。
関係ないけど阪神大震災と地下鉄サリン事件のあった年です。

そして時は流れて、今34歳。

とりあえず、「高齢出産とは医学上、35歳以上で子どもを産むことを指す」とあるので、ギリギリOK?と言いたい所ですが、あたしの誕生日は10月末でして。
出産直後に35歳になります。

ええ。
立派な 高齢出産です。 ザンネン

なので、おそらくそういう背景と、前回の出産が帝王切開だったということもあり、今回の出産は「帝王切開」というのがすでに決定しています。

なので今回の記事タイトルになりました。


とはいえ、まだ無事に生まれたわけではないので、あくまでこれは中間報告です。
この先うっかりダメだった、なんてことにならないよう、体に気をつけて、お菓子は控えめに、たくさん寝て、たくさん笑って、
そして、秋に頑張って元気な赤ちゃんを産みたいと思います。

ちなみに、赤ちゃんが出来るまでの出来事をブログにしてました。
興味のある方はどうぞ。

・うるめ日和 -記事一覧- 【アメブロ】

[ TB*0 | CO*23 ] page top
「悲哀と虚無の連鎖」を止めるために
自殺をしてはいけない理由【はてな匿名ダイアリー】


あたしは過去、身内とか友達とか、ごく親しくしていた人が何人か自殺してる。
こんなことなんの自慢にもならないけど、あたしの周りでこんなに知り合いが自殺してる人は居ない。こんなに身内が死んでる人も居ない。結婚してからもすでに身内が数人亡くなってる。なんでこんなにあたしの周りは死亡率が高いのか。
あたしが厄病神なの?

そんな中、最近また自殺者が出た。

正直最初に話を聞いて「またか」と思ってしまった。
「またあたしの知ってる人が自殺・・・」

死んでしまった理由は遺書でもない限り、本人にしかわからない。だけど、だからこそ自殺者と関わった人間はみな一様に自分を責めてしまう。「自分が追い詰めてしまったのでは」「死を選ぶ前に、自分に何か出来たのでは」故人との過去の記憶をさかのぼっては、返ってこない命と時間を嘆くのだ。そして心に傷を負う。故人に近い人ほどその傷も深い。

自殺は自爆テロみたいなものだ。
人間関係的に近い位置に居た人ほど、その爆破の影響で深い傷を負う。テロなので大概予告は無い。心構えも無く無防備に周りの人間は傷つけられ、自責の念に苛まれてしまう。

自殺者が周りに与える影響というのは本当に残酷で。
良い影響なんてひとつも無いと思う。
死者に鞭打つつもりはないけど、自殺する人がどんなに辛い状況で、それしか選択肢が無かったのだと言われても。残された人間に与える肉体的精神的被害を考えたら自殺と言う選択は許しがたい大きな罪なのだ。


日本は自殺者に優しい。
潔い行いみたいに言われることすらある。
場合によっては責任を取ったとか言われ、美化される。
切腹文化の名残りがまだこの国には確実にある。

でも本当に責任感が強い人は自殺したりなどしない。

責任感が強いあまりに自殺することすら出来ず、過酷な日々を生きている人は大勢居るわけで。そしてそんな人達を、自殺をする大勢の人達がギリギリと精神的に追い詰めていく。

自殺者は加害者。

今回亡くなった人や、いじめの被害者として自ら死を選んだ弟には申し訳ないけど、自分を殺すという行為がもたらすエネルギーは絶大で、確実に周りの人間をネガティブにする。そして、それが周りに大きな負の影響をもたらすことがわかっている以上、「自殺」という行為を決して許してはいけないのだ。

自ら死を選ぶのは本人の自由かもしれない。
だけどその死によって周りの人間を苦しめる権利まではない。

思いとどまって欲しかった。なんとしても。
たとえ、生きてることが死ぬこと以上に辛いことだったとしても。



故人の冥福を祈る。
[ TB*0 | CO*4 ] page top
5周年。
HPのバナーだったりしちゃったりして。


趣味でやってる創作のサイトが今日で5周年を迎えました。

途中、ブログを始めて半年放置したり、男と別れて放棄したり、ド忘れしていたりして、実質4年弱くらいしか活動してませんが。

なにか、恋愛で泥沼になってないと作品が書けないという、どうしようもない理由で行き詰まり、一旦は閉鎖。が、また泥沼恋愛を開始したら更新再開。が、破局してまた閉鎖。なんて、バカなことを繰り返していました。それでも5年間、何かネタが浮かんでは細々と短歌を詠んだり、詩を書いたりして今に至ります。

ま、まぁ
かなり赤裸々で恥ずかしいので宣伝はこのくらいで。宣伝だったのかー

ここで一句

 赤裸々な 三一文字に隠された
 
    あなたに言えぬ 本音の本音


おそまつ。
CO*2 ] page top
エイプリルフール ネタバレ
昨日のエイプリルフールの記事のネタバレです。

気がついた人がいるかどうか謎ですが、
昨日の記事はあたしが書いたものではありません。

旦那様である【異星人交差点】のtsuさんがあたしのふりをして書いたものです。
同じように昨日のtsuさんの記事はあたしがtsuさんのふりをして書きました

皆さん、嘘をついてごめんなさい

二人とも同時刻に更新していることがヒントになるかな?
とも思ったのですが、いちいち気にしてる人もいないでしょうしね。

このアイデアはあたしが叙述トリック的なことをしたくて提案したのですが、tsuさんのふりをして文章を書くのはとても難しかったです。

記事の内容はお互いになんの相談もしないで書いてるので、

やっぱり結婚したことによって、
自分のエネルギーを外から内に向けるようになった、
というのはあるのかもしれない。


なんてtsuさんが思ってるのかどうか知りません
あたしがtsuさんを見てて感じたことをそれらしく書いてみただけです。(しゃあしゃあ
それにtsuさんがあたしのふりをして書いた文章は、ネカマが書いた文みたいな不自然さがあって読んでて可笑しかったです。絶対使わない顔文字とかあったりして。

まぁ、そんなわけで夫婦二人だけで楽しんでしまったエイプリルフール企画でした。
CO*9 ] page top
誕生日プレゼント。
電撃入籍しました。


さっきtsuさん

結婚してきました。

付き合い始めて今日でちょうど4ヶ月。早っ。


今日から既婚者です。

ていうか、今日から☆人妻☆ぐふ。

というわけで、tsuさんの27歳の誕生日プレゼントは「」ということで。
[ TB*1 | CO*27 ] page top
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。