毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
DATE: 2014/09/05(金)14:38   CATEGORY: 子供のこと
飛んでいった娘と風船の話
子供達が昼寝している横で誕生日も近いこともあって、なんとなく亡くなった娘のビデオを見ていた。

すると、眠りが浅かったのか息子がムクリと起きて

「これ、誰?」


し、しまったー!
どうしようどうしようと焦ってる間にもビデオを見ながら
「僕と同じくらいの子だね」
(5歳の頃のビデオである)

「風船とんでいっちゃったね」
(大量に持ってた風船から手を離してしまい、大泣きするというビデオである)

「あ、笑ったね」
(風船がとんでいって大泣きする娘を私がビデオを使って必死に笑わせてなだめるとういう内容のビデオである)



「…息子君のお姉ちゃんだよ」


「僕、お姉ちゃんいたの?」
「うん。でも、車にひかれて死んじゃった」
「なんで?」
赤丸(妖怪ウォッチのジバニャンの生前の名前。交通事故死する)と同じだよ」


すると息子がしばらく考え混んで、言った。

「そっか、じゃあお母さんはお姉ちゃんと離れ離れになっちゃったんだね。寂しかった?」


幼い息子の口から放たれるまさかの言葉に思わず

号泣


「寂しかった!寂しかったよ。すごく寂しかった!だから息子くんは絶対車の前に飛び出したりしないでね、絶対死なないでね!」


子供の前なのに、子供みたいに泣いてしまい親としていけなかったと思う。

が、息子は寝ていた場所から体を起こし私の横に移動しまた横になって

「大丈夫だよ。僕死なないよ。だからそんなに泣かないで」



妖怪ウォッチで赤丸の回がやってなかったらどうなってたんだろう。
あの回を見たことで息子の中に「車にはねられたら死ぬことがある」「死んだら離れ離れになる」「残された人はとても寂しい」ということが刻まれたんだと思う。

だから私にむかって

「寂しかった?」

と言えたんだろう。


私はたぶん、初めてキチンと人にむかって「(娘が死んで)寂しかった」と言い、泣いたと思う。娘を思って泣くことは何度となくあったけど、人前で声に出して「寂しかった」と言い、涙を流したことがなかった。

しかも、死んだ娘と血を分ける幼い我が子の前で!



これはいかんことだったのかな。
明日になれば息子は忘れてしまうことだろうか。
いつか話す時があるだろうと思っていたけどこんなタイミングで伝えることになるとは思わなかった。

傷つくようなことになってなさそうだから良いけども、物心ついた時に悩んだりしないだろうか。



とにかくいろいろ衝撃な出来事であった。








死んだ娘もどこかで妖怪になって車と闘ったりしてんのかな。
いや、それより妖怪なんかにならずちゃんと成仏して何処かで転生て欲しい…(笑)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2014/08/27(水)14:40   CATEGORY: 愛の戯言
感謝の日々

↑二人を抱えて歩けるのもあと何年か(笑)

幸せだなぁ。
いいんかな、こんなに幸せで。
あたしばっかり恵まれてて。

tsuさんがいて。
tsuさんとの間に2人も子供を授かって。
その子供二人共本当に良い子で可愛くて。

少ないけど付き合いの長い友達も何人か居て。
辛い時話を聞いてくれたり、遊びに誘ってくれたり、遠くから会いに来てくれたり。褒めてくれたり、感謝してくれたり。

最近あたしの周りでいろいろあって、悩んだり凹んだり、自分の存在価値を見失いそうになったりしたけど、それでもちゃんとあたしがあたしに戻れるのはそういうたくさんの人に支えられてるからなんだ、ってこと。そういう感謝の気持ちを毎日痛いほど感じていて、本当なら毎日でもみんなにありがとうを伝えたい。
CO*0 ] page top
DATE: 2014/07/17(木)22:30   CATEGORY: 子供のこと
妖怪サトリ

↑なんでも真似するお年頃。


先日、娘の一歳半検診だった。

そこでやっぱり言われる
「少し言葉が遅い」


息子の時も言われた。
最初の娘も2歳までほぼ喋らなかった。

一歳半で二言三言、単語が出てこないと母子のコミュニケーション不足を疑われる。それで息子の時は「ふきのとう教室」とかいう発達不安な子を集めて一緒に遊んだり、個別面談するような集まりに呼ばれた。

一回だけ参加したけども、親子で遊ぶ方法を教える、子供とスキンシップをとらせる、家でもできる会話の練習をする、その後個人面談、みたいな流れで。

とにかく

ほら、子供と遊ぶの楽しいでしょ!?こうやって遊ぶんですよ!

というスタンスがバンバン伝わる。

全体的に
母子関係を改善させよう
みたいなコンセプトであった。

当時の私にはバカにされてるとしか思えない内容で、そんなの全身全霊で、全力投球で毎日家でもやっとるわ!なんやの!足りないとでもいうの!?と、怒りすら覚え、最後の個人面談でもこちらが「ちゃんと子供を可愛がってます。家でまったり同じようにして遊んでます」と、ムキになって訴えれば訴えるほど「大丈夫ですよ。誰でも最初は子供とどう遊べばいいのかわからないものですよね?ここで子供と向き合う練習をしましょうね?」と、まるでこちらが育児に行き詰まったノイローゼ気味な母親のような扱いを受けてしまう始末だった。

本当にコミュニケーション不足で言葉が遅かったりする人には必要な教室なんだろうし、この集まりの存在自体をバカにしてるわけでない。

それでも、育児に不慣れな人を手助けしよう、というそのスタンスの教室に私が足を運ぶことは2度となかった。


そして当然今回も言葉の遅い娘はその「ふきのとう教室」に呼ばれそうな流れに。けど、今回は最初から参加を断ってしまった。息子の時に2歳半頃で言語中枢大爆発(ある日突然喋り出して、一週間後にはペラペラになった)が起きてるし、きっと娘もそうなるだろうし、そもそも意思の疎通レベルで考えたら息子の同じ時期より娘の方が取れてる気すらするし…

ちゃんと娘と言葉は無くともコミュニケーションはとれていると確信していたから。


しかし、何故私の子供達はみんながみんな言葉が遅いんだろう。
私の育て方がなんか悪いのか?
絵本だってたっぷり読んでるし、語りかけだってしてる、体や言葉を使う遊びだってちゃんとしてるのに…何か遺伝子レベルで本当に発達に問題があるんやろか??



と、思い悩んでいた気持ちを子供達の父でもあるtsuさんに愚痴った。
そしたら、衝撃的なことを言われた。



「喋らなくてもお母さんであるいちごが子供達の表情だけで言いたいことを理解しちゃうからじゃないの?」




はー!なんですと!?



tsuさんが言うには、
子供が言葉で伝えようとせずとも、表情や仕草だけで私が伝えたいことを理解するから、言葉の必要性を感じないんじゃないか。それが悪い事とは思わないし、子供にとってはお母さんはわかってくれる、という感性が育つから良いことだと思う。ただ、何故うちの子供が言葉が遅くなるのだろう?ということならば、それが原因なんじゃないか。
とのこと。


実は前に人から
「あなたはエンパスだと思う」
と言われたことがある。

その時は「へぇ、そんな能力がある人が居るんだねぇ」くらいにしか思っていなかったけども、もしかして人からそう言われるような素養があることと関係してるんかな?と、ハッとさせられた。

自分としては面白半分にスピリチュアルネタとして「自分はエンパスらしいから(笑)」などと笑っていたけど、現実に子供の育つ過程に(悪い事ではないにせよ)周りから心配されるような影響が出る程度には何か作用してるのだとしたら、少し気をつけるべきなんだろうか?

しかし、気をつけるって何を!?


昔から人の悩みを聞く時に、相手の立場に立つというよりもう少し深くイメージを広げて、相手の身体の中に入り込んで周りの世界をその人になりきって眺めて見る、という想像(妄想?)を膨らませて相手の心模様を理解する、という癖があるのだけど、それもなんかエンパス的な何かの表れだったりするんやろか。


とりあえず今は、

「まんま」たぶんママ
「ぱっぱい」おっぱい
「パー!パー!パー!(繰り返す)」パパ や 兄 又は周りに居る人
「(手を振りながら)ばっばい」バイバイ

と少し言葉が増えてきた娘。
まだまだ周りに何かを訴えるには心もとないボキャブラリーだけど、少しサトリの気のある母との出会いが、今後子供たちの人生にどんな影響をもたらすのか…


それは誰にもわかりません。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2014/06/27(金)22:47   CATEGORY: 子供のこと
窓際のデジャヴ

↑完璧に隠れてるつもりの娘


娘とかくれんぼをして遊んでいたら、カーテンの後ろに隠れて息を潜めていた。
が、なんかこの構図見覚えがあるなぁ??と思ったら!


↓↓↓



まさに2歳の息子が同じことしてた(笑)


今年で5歳になる息子はスケスケのレースカーテンの後ろでは隠れたことにならないことを知ってる。一歳半の娘がレースのカーテンに隠れなくなった頃、子供達にこんな時代があったことを育児に日々忙殺されてる私は覚えていられるだろうか。

子供はいつまでたっても、いくつになっても可愛いものなんだろう。でも、幼い時代独特の愛らしさみたいなものは今この瞬間しか味わえない。

子供達の成長が楽しみである反面、いつも少し寂しくもある。幼い子供を世話すると高齢出産したおばちゃん母さんの老体では体力の消耗が激しいので、早くなんでも自分でやれるようになって欲しい。それでもやっぱりいつまでも親の手をわずらわせて欲しい気持ちもどこかにある。

矛盾した感情の板挟みになりながらゴールの見えない道を歩くのが育児なんだろう。

しかし、見事に同じ図だな。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2014/06/17(火)05:41   CATEGORY: 子供のこと
求めよ、さらば与えられん
息子は何か不満がある時、一回受け入れて起きながら後になって「違うのが良かった」とか「やっぱり替えて欲しい」みたいな訴え方をすることがある。「他のが良かったけど、これでも別にいい」みたいな言い方のこともある。それなら先に言えよ!といつも思うけど、そういう性格なんだろうと思っていた。

が、娘はそんなことはなく、嫌なものは反射的に拒否する。もう絶対にダメなものはダメである。

例えるなら、息子はジュースが飲みたいと言うのでオレンジジュースを用意すると、数口飲んでから、または飲み終えてから「リンゴジュースの方が良かったかも」みたいなことを言い出す。最初に「オレンジジュースでもいい?」と聞いていてもこういうことが起きる。

しかし娘の場合だと最初からオレンジジュースは嫌!みたいな態度である。オレンジジュースならいらない。リンゴジュースが飲みたい。みたいな。

とはいえ、実際の娘は息子と比べたら牛乳でもなんでも飲むので飲み物の場合は上記のようなシチュエーションにはあまりならないが、往々にして似たようなことが起きる。

そしてふと、娘を見ていてこれは息子からしたら妹の方がより親に要望を聞き入れてもらってるように見えるかな、と不安になった。

何故なら私の妹がやはり娘と同じように自分の要望を最初にはっきり伝えるタイプで、またダメな時はもう絶対ダメなんである、みたいな性格だったのである。
私は幼ながらも親が自分より妹の言い分をより多く聞き入れてるように見えて複雑な気持ちであったことを、娘を見て思い出した。

でも、私の場合、上記のようなシチュエーション時は、別にオレンジジュースでもいいんである。ただ、リンゴジュースならなお良しだっただけで、でもリンゴジュースがなかったならオレンジジュースでも良いのである。たぶん、息子もそんな感じなんだと思う。
でも、娘の場合、オレンジジュースならいらないわけで、リンゴジュースが無いならもうジュースはいらないわけだ。
いや、実際の娘はなんでも飲むだろうけども。あくまで例え話。


何が言いたいのかというと、これは1人目と2人目の違いなのか?ということ。

上の子独特の性格なのか、下の子独特の性格なのか。
優しく寛容な、ある意味優柔不断な性格なだけか、自己主張をしっかりする性格なだけなのか。

しかし下の子のはずのtsuさんは主張をしない人だから、やっぱり上の子下の子とかではなく、持って生まれた性格かな?

親の立場になって性格の違う二人の子供を見比べてみると、たしかにイエス、ノーがはっきりしてる娘の方が本人の要望を叶えてあげやすい気がする。割と人の言いなりであった自分より、主張をはっきりする妹の方が親により要望を叶えてもらい、より可愛がってもらってるように私の目に映ったことは少し誤解があったのかな?と今更ながら思えてきた。


私は子供の頃、服は従姉妹からのお下がが多かった。
私はそれを不満に思ったことはないし、むしろ好きな従姉妹の服が着られて嬉しいくらいだった。でも、妹は違った。お古の服はとにかく嫌がりいつも新品の服を買ってもらっていた。私は自分に与えられる服がお古であることに不満はなかったのに、いつも新品の服を与えられる妹が少し羨ましかったりした。

今になって考えれば、妹はただ要望を伝えて叶えてもらっただけで、ひょっとして私も新品の服を欲しがれば買ってもらえたのかもしれない。たしかに私は新品の服をねだったことがなかった。

逆にそのせいか、今でも新品の服を着るのが苦手で、ついお気に入りの服はリサイクルショップで買ったものになってしまったりする変な癖がある。


今後の子育てで息子と娘を差別する気は毛頭ないけれども、声の大きい方が、主張をはっきりする方が親としては要望を叶えてあげやすいということ。
その結果、あまり不満を持たない、主張をはっきりしない、寛容な性格の方が不満がないのに差別を感じて不満を持ちかねないということ。

少し念頭に置いてかねばならんなあ、と。



ふと思ったことだけども、忘れないように書き留めて置きたくて記事にした。



[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2014/06/12(木)02:51   CATEGORY: 愛の戯言
今日の反省を明日の悦びに変える
少し前に思うことあって、家のこと、家族のこと、今まで以上にキチンとしようと考えるようになった。

家のこと、と言うのは家事。
ついサボりがちになってtsuさんに甘えちゃうけどちゃんと炊事洗濯掃除をやろうってこと。….洗濯掃除、もっと言えば整頓とかはこれまでも割と真面目にやってきたけど、特に炊事、料理を作るのがつい優先順位が後ろになってしまって…

それで家族のことというのは、お母さんであるということ、妻であるということ、そういう自分の立場をもっと有り難がって楽しもう、味わおう、悦びに浸ろうってこと。
つい、自分なんかがお母さんで子供達は幸せなんだろうか、将来「なんでこの人が私のお母さんなんだろう?」と思うことがないだろうか?とビクビクヒヤヒヤしながら子育てしてしまうけど、もっと自信を持とうと、いうこと。

tsuさんにもそう。
いつか私と結婚したことを後悔するんじゃないか、というかすでに諦めの境地で一周回った部分で優しく出来てるんじゃないか?とか、つい考えちゃうけど。
そんなこと考えて顔色みてビクビクするくらいなら(は?どこが顔色見てビクビク?と、tsuさんには思われそうだけど)もっと、ドヤァ顔出来る様な妻であろう、自信を持てるような地に足ついた妻仕事をしよう、と思って。


具体的に何をどうするとかではないけど、とりあえず目の前のやることをなるべくちゃんとやる。後回しにしない。一日を振り返って反省する、反省したことはなるべく翌日繰り返さないようにする。

あ~反省日記でもつけようかしらん?

手書きのさ。
可愛い日記帳買ってこようかな。
なんか使ってない可愛いノートなかったかな。



なんだろな。
わからないけど、最近tsuさんや息子や娘にすごく私は頼られてて、愛されてて、無くてはならない存在なんだな!と強く感じてしまって。何があったわけではないんだけど。

しっかり生きよう。
今日を真面目に生きよう。
今日の反省を明日に活かそう。
明日を楽しみに出来る今日を生きよう。

なんか、すごくそう思ったんだよね。


何があったんかな。
年を食ったのかな。
更年期か?(笑)



これはブログなのか?
愚痴吐き日記なのか?


むしろ、ブログ始めた本来の姿に戻ったのかな。ま、たまにはこんな戯言もいいでしょ。
140文字にはとても収まり切らない想いくらいは。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2014/05/23(金)23:49   CATEGORY: 愛の戯言
ろりこんまま

↑要求すればポーズしてくれるようになってきた


娘が可愛くてたまらん。
たまらん。

息子だってもちろん娘に勝るとも劣らず可愛いし、溺愛しているけど。

それ以前に、家の中にまだ小さいとはいえ女の子が居るという喜び。まだ小さいとはいえ可愛らしい女の子にたぶんおそらく、tsuさんには申し訳ないけど、世界で一番愛されている存在であるという喜び。まだ小さいとはいえ愛らしいその女の子と常時ベッタリ一緒に過ごせる悦び。

嗚呼、母はお前がいつか誰かの恋人になる日が来るのが今から寂しくて仕方ないよ!!





[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2011/03/31(木)03:39   CATEGORY: 夫婦のこと
一万年と二千年前から愛してる
キーボード打つのが気持ちよくなったついでに。
ちょっと前うち。さんのブログにも書いてあって、思わず考えちゃったこと。

子供が出来てから夫婦の会話が激減しているっていう。

それは物理的に二人の時間がなくなるし仕方のないことなんだけども、なんていうか。
そもそもがtsuさんが無口な人なので(参照1 参照2 参照3)しかたがないということは重々承知なんだけどもね。

tsuさんは外で働いてきてるんだもんよ。
通勤で人にもまれ、会社で人にもまれ、やっと帰ってきたら妻に絡まれ、そりゃストレスもたまるからゲームしたり、漫画読んだりもしたいだろうよ。そりゃそうだよ。私だって外で働いてたらそうだと思うもん。

でも、一日中会話もまだ微妙になりたたない息子相手に、ずっと独り言みたいな会話をして過してるもんだから、tsuさんが帰ってくるのが楽しみでしょうがないのよ。
いや、子供が出来る前からtsuさんの帰りは基本的にいつも楽しみに待ってるけれども。

やっと会話のできる人が帰って来るんだもの。
やっとまともに話ができる人がね、目の前に居るのに、話聞いてるんだか聞いてないんだかわかんない相槌や態度で、話してる最中も息子に邪魔され、泣かれ、あげく「母ちゃん、俺の相手もしろ」と怒られ。

話は聞いてくれてる。態度はともかく聞いてくれてる。
でも、「聞いてんの?」と毎回言いたくなってしまうような態度ではストレスがたまる。
ぶっちゃけてしまえば、何か話したい話題があるわけでもない。
テレビなんてもうNHK教育しか見てない。
ワイドショーなんかもうここ数ヶ月ろくに見てない。
最近は震災の話題ばっかりだったし。
そもそも家からほとんど出ないし、出ても児童館や病院に行くくらいで、目新しい話題もない。

ただ、会話がしたいの。
言葉のキャッチボールがしたい。

もっと言えば、tsuさんがだらだらどーーでもいいことを話してるのを「うん、うん」と相槌打って聞いていたい。
言葉が欲しい。
オチなんてなくてもいい。

相談や愚痴じゃなく、ただ雑談がしたいのよ。

しかもできればたくさん。

時間が惜しいくらいしたいの。

でもtsuさんは「そんな話すことない」という。
そらそうだろうけど、付き合ってる時はあんなに話すことがあったのに、今振り返っても何を話していたのか思い出せない。あの時は何をそんなに話すことがあったのか。
恋のマジックか。盲目だからか。


もう、いっそ最近読んでる漫画のあらすじを延々話してくれるとかでもいいから、tsuさんと話がしたいんだけどな。

なんか、色んな人のブログやツイッターのつぶやきを見ていると、どこもみんな同じ悩みであふれてる。
先日のキルト教室の生徒さんたちの愚痴も同じだったよ。

「うちの夫なんか何話しても相槌ひとつ打ちゃしない!」



はー、これ育児云々じゃなく、男脳女脳の問題なんだろうね。
男女が出来てから何万年と経ってるのに、この問題は永遠に進化しないままなんだろうか。

遺伝子で進化しなくてもいいくらい、優先順位が低い問題なんだろうか?
そうは思えないんだけどな~。

みんなそこは愛でカバーしてきたんですよ、なんてオチだったりするんかな。
だったら、私も頑張らないとなぁ。むむむ。
コミュニケーション不足はどう解消するのがベストなんだろう。

tsuさんと夫婦してる間はずっと付いて回る課題だな、これ。
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2010/11/24(水)04:21   CATEGORY: 愛の戯言
あいさんさん
ずっと悩んでいた(らしい←無自覚)ことをtsuさんにつらつら打ち明けた。
オチなんてないし、解決方法もないし、同情はされても共感される要素もまったくない話。

簡単に言えば身の上話的な内容。

人に話しても笑い話にもならないダークな話だったりするから、仕事で疲れてるtsuさんに話すこともないか、とずっと黙っていたけど。育児をしているうちにいろいろ思い出がよみがえってしまい、一人でフラッシュバックと戦っていたというか、なんというか。

それでとうとう、のたうち回るような胃痛に襲われたので、いよいよストレスも限界か!と怖くなり、ロマサガ中のtsuさんの手を止めさせて打ち明けることに。

しかし、長々話したのにtsuさんの返事は

「うん」

のみ。

これ相槌じゃないですから。
話し続けた最後の一言ですから。

しかも話し終えて沈黙が続いた後の「ねぇ、何か言ってよ」と言った私の言葉に対しての返事ですから。


嗚呼、理系男子tsuさんよ。


君にウェットな返事を期待する私が間違っていた。
話せば文句も言わず聞いてもらえるだけで私は感謝しないといけないのだ。

どんなつたない言葉でも伝えれば理解してくれるし、内容もちゃんと記憶している。
「ねぇ、聞いてたの!?」と怒れば、腹が立つくらい綺麗に復唱する。
たとえそれが漫画を読みながらでも、料理しながらでも、ゲームしながらでも。

そして、その話の内容がどんなに普通の人が受け入れがたいような内容であっても、拒絶もせずに聞いてくれる。
気分が悪くなるような話でも黙って、聞いてくれる。

ただ、tsuさんの場合、私が話し終えても「伝わっている」「理解した」「受け入れた」という態度、もしくはそれを表現するスキルが皆無なのだ。

また「共感」「賛同」「感嘆」のスキルもまったくない。
全然ない。からっきしない。

でも、ただそれだけのこと。


それがtsuさん。
悲しき理系男子。

私をこよなく愛する、私の最も愛する人。


言葉はなくとも抱きしめてくれた。
その腕があるから私は今日を強く生きていける。
page top
DATE: 2010/11/14(日)00:05   CATEGORY: 夫婦のこと
ミイラ取りがミイラになる夜
「息子を寝かせたら夫婦でゆっくりしようね!」
と話していても、いつも息子より先に寝てしまうtsuさん
起こしてイチャコラしたいが、毎日仕事で疲れてるんだろうし休みの日くらいゆっくり寝かせてあげたい・・・と思うと起こせない。

どうせ起こしたって疲れることさせちゃうんだしぃ~
しかたがないから一人でのんびりしよう~っと。

という、私なりの思いやりはなぜかいつも伝わらず、

「どうして起こしてくれないの!いちごのバカ!」

と毎度怒られる。


非常に不本意である。


不本意だから今夜も起こさないのである。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ