毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
遅れてきた和牛
先日のすき焼きで食べるはずだったお
集まる当日までに配送が間に合わず、結局当日は別のお店で買ったおを食べた。

その件のおが届いたそうなので、我が家で責任を持って引き取ることに。

100グラム500円の和牛
↑2日遅刻した牛

なんと、100グラム500円だそうで。
これはかなり味に期待出来そう。じゅるり。

二人で食べるにはさすがに多いので、半分は冷凍。

tsuさんが美味しく焼いてくれました
↑焼風に味付けしてくれたらしい

レタスに包んでいただきます!

残りのおはまたすき焼きにしてもらう予定。
あくまであたしは食べるだけだったり。
関連記事
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
手作りケーブルボックス
かさばるアダプターを隠してみた。
↑スッキリ?

電話周りがモデムや無線LANのアダプターでかさばるので、梱包で余ってたダンボールでケーブルボックスを作ってみた。

スッキリはしたけど、熱がこもったりして本当はあまり良くないのかも。
でも、リビングの目に付く場所にあるから、アダプターがむき出しだと見た目が悪い。ホコリが溜まって漏電するのも怖いし。
他にもっと合理的な方法があるといいんだけど。
関連記事
[ TB*0 | CO*8 ] page top
ケチなのは誰だ。
ちょっとお試しでやってみたいサービスがあったので、とりあえず家に来てもらって話を聞くことにした。

カタログをもらい、システムの説明を受けていると、
「今日登録していただければ、来週にでも商品を受け取れますよ」
と言われたので、

「主人に相談もしないで、この場で決められません」
と答えたら、すごく驚かれた。
「えっ?ご主人厳しいんですか?」
だって。

えー。

「ご主人は家計にうるさい方なんですか?」
いいえ、3000円のシャンプーを衝動買いしても怒りません。
「それとも、家計の管理はご主人がされているの?」
いいえ、ガッツリあたしが管理してます。
「??それなら、問題ないですよね??」

うーん。
世の中の主婦は、入会金や登録費用が必要だったりするサービスを、そんなに簡単に旦那と相談もせず決めてしまうものなの?通販やヤフオクでは勝手に買ったり、落としたりしてるけど、それでも絶対事前相談するし、買ったものは見せるし。
禁断のBL本ですら(コソコソ買うけど)堂々と目の前で読むし。

あたしが買ってきてtsuさんに怒られるものなんて、食べるの禁止されてるインスタントラーメンくらいだ。それだけは事前に相談もせず、買ってきても隠してるけど。でも見つかる。

以前も、訪問販売で「月々3000円くらいなら、ご主人に相談しなくても大丈夫ですよ」と言われ「主人に相談もなしでローンなんか組めるわけないじゃないですか」と、マジギレしたことがあるけど、みんなそんなもんなのだろうか。

とりあえず、あたしの説明の仕方が悪いのか、どう話しても、
「ご主人の許可がないとお金が使えないなんて、大変ですね」
「ご主人がもっと理解があるといいですね」
とtsuさんをワルモノにして、同情されてしまう一方だったので、
「ええ、ドケチなんですよ、主人は」
と言ってtsuさんをワルモノにしておいた。

でも、本当にケチなのは、
「うちの主人はケチなんで、この値段ではOKでないかも」
とかなんとか言って、なんでも値切るこのあたしだったりするんだけど。
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
あまおう苺のキャラメルタルト@クリニャンクール
今日は友人が新居に遊びに来てくれた。

が、我が家に到着早々カメラを取り出し、マンションの外観から、エントランスのセキュリティドアや、エレベーター、部屋に入っても風呂場、キッチン、クローゼットをパシャパシャ撮影し始める。(もちろん、こちらが許可した上での話)

と言うのも、友人の仕事は漫画家。
「これは良い資料をゲットするチャンス」ということで、自分の家だけでは得ることの出来ない住居資料を、カメラに納めていきたかったみたい。
でも撮影中、「人が一緒に写ってる方が資料として使いやすいから」と言う理由で、強引に一緒に写らされたのだけど、あたし一般人より寸法小さいので・・・。参考にする時は10センチくらい足してね・・・。

しかもなんか、
写る瞬間お腹を凹ませてしまった、見栄っ張りな私。

そして、その後ウォーキングがてら、近所のタルト屋さんへ。

奥はフルーツタルト
↑とにかく苺がデカイ

とにかくどれも美味しそうで、これを選ぶまでにすごく時間がかかってしまった。
他にも食べたいのがあったから、またウォーキングのついでに、tsuさんと食べに来よう。

本当は走って行った方がいいのかもしれないけどね。
カロリー的に(笑)


・クリニャンクール
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
上海・柿安@イオン大高
ちょっと取り過ぎた。
↑お子様用の皿が使いやすかったので・・・


昨日はtsuさんの会社の先輩の快気祝いにと、tsuさんの同僚さん達とみんなでイオン大高店にある「上海・柿安」までご飯を食べに行ってきた。

100分食べ放題のビュッフェ方式で、1人2100円。
元を取るほどには食べられなかったけど、tsuさんをはじめ他のメンバーは、時間いっぱいまでしっかり食べていたのでいいんじゃないかな。

ただ、以前も記事にしたけど、tsuさんがアホみたいにライチを食べていたので、ちょっと恥ずかしかった。

と、思ったら他の友達もライチを山盛り食べていて、類友か、とちょっと納得(?)


食事の帰り、同じフロアで見つけた店の看板
石焼ャー
↑元は「石焼チャーハン」

悪質な悪戯だけど、ネタにしてしまうあたしも同罪か。
思わず立ち止まって、パシャリ。


・上海柿安

関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top
お義父さんは几帳面
今日はtsu父が、ずっと実家に置いたままになっていたtsuさんの書籍・コミック類を、本棚と一緒に運んできてくれた。

ところが、実家にあった本棚をそのまま持ってきてくれてると思いきや、わざわざ新居用にいくつか新品を購入してくれたらしく、到着して早々、MY電気ドリル持参でホクホクと本棚を組み立てて始めるtsu父。

いつもなら、本棚等の組み立てには、はりきって参加するあたし。
しかし、さすがに男手が二人も居ればやることはなかろうと、そっと部屋の様子を覗いてみたところ・・・

なんと、tsuさんったら、

横でぼーっと眺めてるだけ!

手伝わんかいっ!( ゚Д゚)ヴォケ!!

慌てて、あたしが組み立てに参加。
当然tsuさんも強制的に参加させ、なんとか昼前に完成。

大本棚群
↑tsu父作成の本棚

真ん中の本棚は結婚した当時、唯一tsuさんが持参した家具だけど、なんと、これもtsu父が組み立てている!

スライド式本棚
↑家族の共同作業で完成した本棚

あたしが部屋を覗いてなかったら、tsuさん、全部お父さんにやらせるつもりだったんだろうか。やらせてそうで、あたしゃ妻として恥ずかしいよ・・・

しかも、tsu父。
本棚に入ってた本をダンボールに詰める際、どのダンボールに、本棚の何処にあった本が入っているかが分かるように、細かくダンボールにメモがしてあった。

仕事が丁寧
↑丁寧なメモ
細かく仕分け
↑細かく仕分け

tsuさんは何かと収集癖があるくせに、自分では上手に整理できなかったりする。なのに、tsu父のこの几帳面で丁寧な仕事はどうだろう。しかも字がキレイ。とても、血の繋がってる親子とは思えない。

でも、自分が使うわけでもない本棚を嬉々として組み立ててくれる、tsu父の優しい性格はちゃんと受け継いでるので、まぁいいのかな。
最初、手伝おうとしてなかったけどっ!

やっぱり、親の前ではただの子供に戻っちゃうのかな。
親から甘やかされてるのと、愛情一杯もらってるのと。
今日のtsuさんを見て、紙一重の差だと感じた。

とはいえ、そのおかげで今のあたしは、tsuさんからめちゃめちゃ甘やかされた生活を送ってるわけで。つまり、間接的にtsuさんの両親から、愛情の恩恵をたっぷり受けてるんだよなぁ。
感謝しなくてはね。ほんと。


関連記事
[ TB*0 | CO*6 ] page top
なんだか、最近グルメブログみたいだ
和風つけ麺
↑カツオだしの和風な味付けで美味しい。

一仕事終えた後は、お昼ご飯。
近所のチャーハンが美味しいラーメン屋さんに行くことに。

ところが、熱々のラーメンを食べ始めたら、tsu親子。
二人して汗だくになっている。

どうやらこの二人、熱いものや、辛いものを食べると、特に太ってるわけでもない(むしろ痩せてる)のに、汗が服にしたたり落ちるほど発汗するらしい。
おしぼりで汗を拭うタイミングまで一致してて、笑える。

やっぱり、親子なんだなぁ。

フルーツティ
↑フルーツティ。中に浮いてるフルーツも、もちろん食べられる。

昼ご飯の帰りは、珈琲が美味しいらしい喫茶店でお茶。

実はこのお店、美味しいのは珈琲ばかりだと思い、珈琲を飲まない私たちは今までは地方グルメ雑誌で取り上げられてても、店を横目で眺めてるだけで素通りしていたのだけど。
なんと、紅茶の品揃えもすごくいい。

モーニングサービスや、手作りデザートも充実していて、かなり好感触。

コレを機に、また足を運ぼうと思う。


海老せんカー
↑運転席に居たお姉さんもやたら可愛いかった。

海老せんべいを買いに寄ったら遭遇した「坂角のゆかり」の配達車。
すごく可愛らしい。


・こだわりごちそう らーめん 三宝亭
・和田喫茶店 季楽
・坂角総本舗


関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top
本棚整理終了
本棚の整理が終わった。

途中、tsuさんが罠にはまったり、整頓する際の優先順位がお互いに違ったりして軽く口論になったりしたけど、なんとか終えることが出来てよかった。

とりあえず、本棚が埋まった様子。
シティハンターとか、ハンターハンターとか、ONE-PIECEとか、ジョジョとか、ダイの大冒険とか、らんまとか、もやしもんとか、鉄鍋のジャンとか、サンレッドとか、美味んぼとか、ハガレンとか、ハチワンダイバーとか、よつばと!とか、ブッダとか、寄生獣とか、プラネテスとか、ジオブリーダーズとか、ガンスミとか、イエスタデイをうたってとか、人類ネコ科とかがある棚
↑8割tsuさんの本。本棚の上には大量のボードゲーム。

こっちの本棚には少年漫画系。
真ん中の本棚にあるONE-PIECEとジョジョを除けば、ほとんどtsuさんの本。あとは、手前の本棚の下部にあたしのハードカバー系の本と映画関係の書物やパンフが少しある程度。

実は奥のクリアケースには、ミスター味っ子とか、奇面組があったりする。もちろんtsuさんの本だ。
↑大判コミックと少女マンガの棚

こっちは6割あたしの本。
奥の本棚の上部にDVDボックス群。

しかし、こうやってあらためて見てみると、前の狭いアパート生活のせいであたしが手放した本は結構あることを痛感する。かるく100冊は処分してる。っていうか、tsuさんが頑として捨てない(捨てられない)人なので、結局あたしが折れて、処分するはめになっていた。

だからって、これからは処分しなくていいかというと、実はそうでもない。すでに本棚の9割は埋まっている。これじゃ、1年くらいですぐ定員オーバーだ。

また地獄の選別をしなくてはならないのかい。

真ん中右側
↑クリックで拡大

所持リストを作ってみようかなんて思い、ざっと数えてみたら1500冊以上あったので、やめた。とりあえず、どんな本があるのか興味がある人は、拡大写真を用意したのでどうぞ。

ちなみに、tsusさんの本を整理中、
同じ本が3冊出てきた。

トリプル
↑なんでだ。

おたつくtsuさんを問い詰めたら、ダブったわけではないと言う。
当時、なかなか手に入らない本だったらしく、最初に慌てて手に入れたものの、本の状態があまり良くなかったため、状態のよい本を見つけた時に買い直したらしい。その後、また見つけ、プレミアがつくかもれないと、また買ったのだそうだ。

意味がわからない。

しかも、今ヤフオクで調べたら100円で売ってた。
tsuさんには黙っとこう・・・。


関連記事
[ TB*0 | CO*4 ] page top
バトルしようぜ@ケルト
夫婦でゲームしていていつも思う。「こいつにだけは負けたくない」
↑結局、負けたし。

最近tsuさんがはまっているもの。

ヤフオクでボードゲームを落札すること。

もう、引越ししてから2,3個ゲットしている。
そして、その度相手をさせられるあたし。

それ自体はいいんだけど、負けたら、もう、すごく悔しい。
夫婦喧嘩並に悔しい。
負けるくらいなら、最初からしたくないって思うくらい悔しい。

なので、1回やってルールを把握したら、もうしないことが多い。
(ほぼ負けるため)

でも、今日我が家にやってきたゲームは面白かった。

とりあえず、今日したのはケルトとガイスター。
ゲームのルールを説明するのが難しいけど、ルール自体はどちらも簡単。
また、友達を呼んでゲーム大会をしなくては。


・ケルト
・ガイスター
関連記事
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2009/04/15(水)06:01   CATEGORY: 愛の戯言
幸せになるコツ
なんか、もう何度も話題にしてる気がするけど、「幸せ」ってなんなの。



つづきを表示
関連記事
page top
いたずらテレフォン
今きた電話。


男「お、奥さん…どんなパンツはいてるの…ハァハァ」

私「えっ…やだ、…おへその上まで隠れるようなデカパンツです…」

男「そのパンツの色は何色なの…ハァハァ」

私「ねずみ色です…ドキドキ」

男「…ね、ねずみ色?」

私「はい、どぶで暮らしてるねずみの色ですよ…キャハ」


男「…今から帰るよ…」



tsuさん、変態エロ電話のバリエーションが少な過ぎてつまんない。
関連記事
[ TB*0 | CO*4 ] page top
ピザパーティ@ピザ桜大吉
ピッツァではない、ピザ。
↑ピザにエビフライが載っています。

昨日、我が家はピザパーティだった。

それというのも、実はtsuさんと結婚してから、2年半。
あたしは一度も「デリバリーピザ」を食べていない。
正確に言うと、食べさせてくれなかった。

どんなに「今日はデリバリーでピザでも食べようよ」とお願いしても、ダメ。
「どうしてもピザが食べたいっ!」と言えば、ピザの美味しいイタリアンレストランに連れて行かれる始末。

でも、そうじゃない。
「あたしが食べたいのはピッツァではなく、ピザなのっ!」
と、うだうだ訴えて居た所、tsuさんがそれを会社の友達に話したらしく、「それなら、みんなでピザ食おうぜ」ということになったようだ。

でも、エビフライがトッピングされてるピザと、味噌とんかつがトッピングされてるピザを食べて思った。

「ああ、普通のピッツァが食べたい・・・。」

デリバリーピザは確かにすごく美味しいけど、2切れが限界。
食べたのは昨日の夜なのに、今朝になってもまだ胃がもたれてる。
tsuさんが食べさせてくれなかったのはこういうわけか・・・。


でも、デリバリーピザのチラシが入ると、捨てられないんだよなぁ。


・アオキーズ・ピザ
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
パニック!な開拓者たち
カタンで盛り上がる男たち
↑交渉上手な人が勝つゲーム。プレイヤー同士の駆け引きが決め手。

ピザをたらふく食べた後はゲーム大会。

今回は拡張パックを使い、6人でプレイ。
日本版とは違い、現地で購入した人からオークションで買ったものなので、当然ドイツ語表記。途中、ルールが怪しくなってくるとパソコンで検索しながら進めるので、ゲーム途中から新ルールが加わったりして大騒ぎ。
ちなみに検索係のあたしは「zwei」が「2」の意味とわかり大満足。

ところで、この「カタン」と言うゲームはすごく男性的なゲームという気がする。
tsuさんと一緒に遊んだ人みんなが「コレは面白い!!」と大絶賛していくのだけど、あたしはいまいちピンとこない。面白いゲームだとは思うんだけど、そこまでではない。先日やった「ケルト」やガイスター」「スコットランドヤード」「コンタクト」「ラビリンス」も同じように面白いと思うし。

でも、tsuさんの友達とは、ほかにもいろんなゲームを一緒にやったけど、特にこの「カタン」をやった後の感想の熱さったらない。みんな鼻息を荒くして「またやりたい!」と言うのだ。

やっぱり、男の人は開拓する生き物なのかなぁ、なんてしみじみ。
なんだろう、交渉とかもあるからかな。
コミュニケーションや駆け引きの妙がゲーム結果に影響するのも、普段パソコンに向かってることの多い理系男子には魅力的に映るのかもしれない。


が、そんなインテリ理系男子たちに奇声をあげさせてたのが、コレ

聞いたこともない奇声を上げる人々。
↑精神年齢を確実に下げる、恐ろしいゲーム。

ものすごく単純なゲームで、くるくる回る飛行機を手元のレバーで叩き、自分のチップを落とされないようにする、というだけのこと。

しかし、これが単純であるがゆえに面白い。
みんな始めると「ぎゃー!」「うおおっ」「ぐはっ」「うわあああ!」と大騒ぎ。まさに、パニック。動画で撮っておけばよかったと、今さら後悔するほど。

とにかくみんなすごい奇声をあげる

その奇声がはたで見てて面白い。
いつも静かでおとなしい人も「わあああ!」とか言ってて、とにかく笑える。一緒に生活してるtsuさんですら、あたしが今まで聞いたこともないような声で叫んでた。

当然子供向けゲームなんだけど(対象年齢5歳以上)、
大人がやると間違いなく童心に返れる至極の一品かと。
オススメです!

・カタンの開拓者たち
・くるりんパニック!!
関連記事
[ TB*0 | CO*4 ] page top
コーラフロート@元町珈琲店
くるくるポテト
↑くるくるポテトはどうやって作るの?

先日の日曜日、tsuさんと一緒に友人の家にお邪魔してきた。

実は任天堂が今「Wiiネット接続できる人ができない人を手助けして500Wiiポイントを両方がもらえるキャンペーン」というやつをやっていて、まさにその手助けをするために、友人宅へ無線LANの設置に行ってきたのだ。

うちがした手助けは、まず「無線LANがあれば「カラオケJOYSOUNDWii」で欲しい曲がダウンロード出来るようになるよ」とそそのかし、その気になった友人のために無線LANを購入、その無線LANを設置し、ネット回線が繋がったことで出来るようになったこと、またその操作の説明をしてきた。

その後、お互いのWiiのアドレス番号を交換し、無事500ポイントをゲット。

ところでこのキャンペーン、Wiiを起動した際に偶然知ることになったんだけど、どこまで知られているんだろう?意外と知られてないような気もする。ネットに繋がると、Wiiの最新バージョンがダウンロードされて、SDカードにセーブデータやソフトを入れられるようになるので、ちょっと便利かも。友達の家で持参のソフトとやるにも、セーブデータを持って行けないので困ったりしたことがあるし。

これからネット接続予定のある人は、身近ですでにネット回線に繋がってる友人と一緒に「手助けポイントキャンペーン」に参加してみては?
お互いに500ポイントもらえるので、かなりお得かと。

写真は散歩ついでにみんなで寄った珈琲店


・元町珈琲店
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
げに恐ろしきは女の食い気
先日すぬお。さんのブログが5周年を迎えたらしく、なにやら素敵な企画をしてらっしゃったので、ちゃっかり参加してみたら、これまたびっくり当選しました。

で、本日その当選商品が届きました!
v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

開かない桃ジャム
↑めちゃめちゃ美味しそう!!

さあ、パンに塗って食べてやろう!とパンを用意し、スプーンを取り出してホクホクしていたら、ハラリと足元に落ちる紙が。

ん?

  注意!!

 頑固なフタなので(ホントに大変)開ける時は
 気をつけてください。
 まずはフタが開いてから 冷やしましょー♪

 ☆一番楽な方法から順に・・・

 ◎ フタ部分を熱湯につける
 ◎ 握力自慢の人に、2回くらいに分けて挑戦してもらう
 ◎ フタに穴をあける
 ◎ ビンを割る

 頑張ってくださいね
      
             すぬお。

 (許可もなく原文のまま)



なにぃいいい!
フタが開かないだとぉおお!?

そんなばかな!

(とりあえず、頑張る)

・・・開かない。

(フタ部分を熱湯であっためて頑張る)

・・・開かない。

握力自慢(でもない)な旦那様を待つにも、早く食べたい。

うがああああっ!すぬお。さーん!

その時よぎる、禁断の言葉。

開かないから、くれた、とかじゃないよね・・・?
↑やはり、最終手段しかないのか。

ああ、何か割るもの・・・トンカチか、ゲンノウか・・・

違う!

こんな時はグーグル先生!
「ジャム 瓶 蓋が開かない」

すると出てくる、出てくる。
開かない瓶に振り回される人々の嘆き声が。

とりあえず、「蓋を温めて」は試したので、その次によく見かけた「ゴム手袋を使う」を試してみることに。とはいえ、そのままでは開かないと思ったので、「フタを熱湯で温めた」状態で「ゴム手袋」を試してみた。

すると、数回繰り返した後、
開いたぁあああっ!!!!
やったああーーーっ!

わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪

やあ。
色気より食い気とは言ったものだけど、食い気の持つエネルギーは時として、火事場より恐ろしい力を発揮することが、今、この手で証明されましたよ。


やっとありつけた。
↑証拠写真。

いやー、期間限定品だけあって、めちゃめちゃ美味しい!

すぬお。さん、あらためて、ありがとうございました。
そして、ブログ5週年おめでとうございます。

しかし、すぬお。さん。
字がすごく綺麗。
しばらくしげしげ眺めてしまった。

おまけ
影の功労者
↑今日のMVP

なんと、水掃除にも便利。
関連記事
[ TB*0 | CO*8 ] page top
イメージしてください@焼肉釜山
昨日はtsuさんの会社の同僚さんたちと、ちょっと遠出して美味しいと噂の焼屋さんに行ってきた。

レバ刺し
↑大好物のレバ刺し

ユッケ
↑好物のユッケ

実は、このお店には2350円もする「特選塩上ロース」があったりする。
当然注文したのだけど、あまりの興奮にすっかり写真を撮るのを失念してしまった。

というか、焼を食べに行ったのに、撮るの忘れた。

みんなすっごく美味しかったよ!


パインシャベットと杏仁豆腐
↑あっと言う間にデザート


ところで食事中、あたしとtsuさんが話してる様子を見た同僚さんの一人に、
「いやぁ~ いちごさんってSですねぇ!
と言われて驚いた。

「うそっ!?ホント?あたしSっぽい?」
と聞き返すと、一緒に居たみんなして、

「うん。すごくSっぽいよ?」
と賛同。

エーッ!ナンデ?

おろおろしながらtsuさんに、
「そ、そんなことないよね?あたしってMだよね?」
と、ちょっと恥ずかしい言葉を投げかけたら、
「あっはっは。いちごはドMなのにねぇ」
と、かえって意味深な返しに・・・

凍る空気。

嗚呼、あたしがどれほどMなのか説明したかったのに。
とっさに浮かぶ例えがシモネタしかなくて、
「Sじゃないもん・・・」
とつぶやくことしか出来なかったよ!

悔しい。
悔しいよ!
キー!

でもどうやら、その場に居た名古屋人があたしだけだったのが原因みたい。
名古屋弁はすごくキツク聞こえるんだって。
「二人の会話聞いてると、いつもいちごさんが怒ってるみたいに聞こえる」
って言われた。

ちなみにその場に居たのは飛騨牛の国の人2名、松坂牛の国の人1名、明太子の国の人1名、お味噌の国のあたし、の5人。
ううーん。

名古屋弁って損だがね。


・焼肉 釜山 小牧原店
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
囚われの胃袋
パンケーキとホットケーキどう違うの?
↑写真を見てるだけでもよだれが出る

tsuさんが作るホットケーキは美しい。

付き合い始めてまもない頃、tsuさんが作ってくれたホットケーキを見て絶叫した覚えがある。

「Denny's みたいだ!」

どうしたらこんな風にホットケーキが焼けるのか、未だに不思議でならない。
休みの日にtsuさんにおねだりして作ってもらうホットケーキは、付き合っていた時よりも格別美味しく感じる。

まさに、女を落とすには「胃袋をつかめ」ってやつだね!

ごちそうさまでした
↑ペロリ

ごちそうさま!
関連記事
[ TB*0 | CO*11 ] page top
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。