毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
マイケル
真夜中の授乳を終え、私の腕の中でぐっすり眠ってしまった息子をそっと布団におろす。

よし、大丈夫。
背中のスイッチは作動しなかったようだ。

すやすやと、さきほど腕の中で見せていたのと変わらぬ寝顔を見せる息子を眺め、ホッと息を吐く。そして自分もまた、息子の布団の横に並ぶ自らの寝床へ身を潜らせた。

時計を見る。
現在3時ちょうど。

次に起こされるのは何時間後になるのか。2時間くらい眠ってくれると楽なのだが。
育児生活に入ってからというもの、まとめて2時間以上の睡眠がとれたためしがない。それでも母体というのは良く出来ているもので、自然と寝不足状態に体が慣れて、なんだかんだと毎日元気に育児出来ている。
とはいえ、眠れるのなら少しでも眠っておきたい。

そんなことを考えながらも、布団に体を横たえた瞬間から強烈な眠気が体を襲う。きっと今の私は白目を剥いていることだろう。
もちろん、抗うことなく私はその睡魔に身を委ねた。





いつから泣いていたのか。
それとも今この瞬間か。

ぐずつく息子の泣き声が聞こえてきて目が覚めた。
反射的に体を起こす。

目に涙をため、恨めしい顔で私を睨んでいる息子。堕涙するほど母が恋しいか。私はずっと君の真横に居たというのに。
まるで、自分を愛しているならばつかの間の休息を挟むことなく愛し続けよと言わんばかりだ。

いつまで経っても要望に応えない母に痺れを切らしたのか、いよいよ息子は意地になって泣き始めた。四肢を強張らせ号泣している。その音色はすっかり恨み節だ。
苦笑しながら彼を抱き上げる。

抱き上げたとたん、鼻息荒かった息子の体から緊張が溶けていく。
そして、小さな腕で私を抱きしめたかと思うと「あー、くー」と甘く愛を囁き始めた。


愛らしい息子の口説き文句にまどろみながら、私はふと時計を見る。
マイハンサムボーイはどのくらい眠ってくれていたのだろうか。

だが、まだ半分寝ぼけたままの私の目は上手く長針と短針の位置を捉えることが出来ない。

確かさっき眠りについた時は3時だったはず。

しかし、目の前の時計の針はあれからまだ数分の時しか刻まれていないかのような表情を見せている。
まさかと思い、目を凝らしよくよく時計を眺めてみた…



3時10分



ホワッツ!?
関連記事
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
ねむりの森の母子
朝方にやっと眠りについた息子と私を、愛情たっぷりのしつこいキスで丁寧に起こしてから出勤していくtsuさん。
関連記事
[ TB*0 | CO*4 ] page top
色んなものを捨てて生きています。
自他共に認める「鬼の捨て魔」の私ですが、こんな記事を見つけました。

モノが捨てられない人必見!「捨てる」を後押しする名言集

まさにこの思想の下に捨て魔ライフをエンジョイしているので、捨てられない人は是非参考にして欲しいです。

・迷ったらゴミ
・使わなきゃゴミ
・なくしても買いなおさないものは捨てろ
・いつかは絶対来ない「いつか使う」は絶対無い
・使えるか、ではなく「使っているか」
・高いものはすぐ使え
・古い化粧品は女を古くする
・悩む理由が値段なら買え。
それ意外ならどんなにお得でも買うな
・こんなに洋服持ってたら、いつも同じ服着てるだろう?
・普段使ってないのにとってあるもの。
災害時にそれ持って逃げますか?
・全部捨てたら未来だけ残る。
・思い出の品を捨てても、思い出は消えない。
・過去を捨てなくては、未来の場所がない。
・服があるから福が来ない  紙があるから神が来ない
・心の隙間をゴミで埋めるな、 言い訳するより振り分けろ。
・明日は明日のゴミが出る。


特に太字にしたことは「座右の銘」にしたいくらい。
ていうか、物を捨てさせる時の私の口癖です(笑)

そんな私の手元には、子供の頃のアルバムはおろか、卒業アルバムすら1冊もなかったりしますがー。
関連記事
[ TB*0 | CO*6 ] page top
4年目でした
今日はtsuさんの記念すべき30歳の誕生日で、かつ二人の結婚記念日だったのに、あたしが腰痛を悪化させたせいで接骨院に行く羽目になり、そのせいでtsuさんにわざわざ有給休暇を取らせてしまい、それでも「偶然とはいえ記念日に家族でゆっくりできるね」なんて喜んでいたものの、意外にあたしの体調が悪くほぼ一日中寝てばかりになってしまい、なんとか接骨院帰りにモスバーガーを買ってきて仲良く食べたりはしたけれど、よくよく考えたら日曜日にモスバーガーを食べたばかりだったりしてたいして珍しい風景でもなかったわけで、結局夕飯もいつも通りtsuさんが作り、気がつけばもう寝る時間。


しかも誕生日プレゼントが「スーパーマリオブラザーズWii」て。

てか、tsuさんのお金で買ってるからプレゼントになるのかも怪しい。
関連記事
[ TB*0 | CO*8 ] page top
ONEPIECE STRONGWORLD
これが欲しくて公開初日に観に行ったようなもんです
↑0巻ゲットしました。


妊娠が発覚して以来、久しぶりに映画館で映画を観て来た。


tsuさんに息子押し付けて…


しかしすごい人だった。
今朝の時点で本日上映分のチケットはほぼ完売。

あたしは昨晩のうちにオンライン予約しておいたので問題なく観れたけど、映画館の前にはチケット取れない人で溢れかえってた。

しかもスクリーンに入る人が映画館の外まで列をなしてるわ、予約発券機の紙が切れてるわ、パンフレットは売り切れてるわで大騒動。


肝心の映画の内容は感動より、格好良さ重視って感じ。
とにかく身悶えしながら鑑賞した。

あと、腐女子しか反応しないようなシーンでどよめきが起きた。
結構な割合で腐女子がいたんだと思われる。

少なくともあたしを含め、両隣りは腐女子だった。間違いない。


帰宅したら、憔悴したtsuさんが哺乳瓶片手に息子と奮闘していた。
…ごめん。

でも気持ちよく送り出してくれてありがとう。
また育児頑張るよ。
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top
女の肩書き
女は結婚すると主婦業をするしないに関わらず「主婦」という肩書きがつく。
たとえ正社員でバリバリ働いてても「兼業主婦」と言われ、人によっては主婦業を優先させないと仕事をしていることを旦那や周りの人間に咎められたりするらしい。

でも男の人は結婚しても「主夫」とは言われない。
「兼業主夫」とも言われない。

あくまで自己申告だ。

それでも最近のアンケートなんかでは職業の欄に「主婦・主夫」の記述があったりするけど、専業で主夫してる人なんてほんとうにごく一部だろうし。


「人妻」だってそうだ。
「人夫」とは言わない。

「人夫」という言葉はあるけど、いわゆる「人の夫」という意味ではないし、読み方も違う。

でも女は結婚したらみんな人妻だ。
団地に住んでたら「団地妻」になって無駄にエロさが足されるけど、「団地夫」では何も萌えない。


女子高生もそうだ。
男子高生の需要がないわけじゃないだろうけど、喜ぶのは一部の腐女子かショタだ。

今こうして記事を書いてても、女子高生は「じょしこうせい」で一発変換できたけど、「だんしこうせい」では変換されない。


なのに世の中では看護婦さんは看護師さん、助産婦さんは助産師さんていう言い方に変わってきてる。

そういえば出産入院中。

男性で助産師を目指してるという人が研修で来ていて、なにかって言うと話しかけてきて「勉強熱心だなぁ」なんてほかのママさんたちと話題にしていたんだけども。

その助産師の卵君。
授乳室にも入ってくるんだよね。

授乳室なんてみんなおっぱい丸出しだし。
下手したら両方のおっぱい出して助産師さんにマッサージされてたりする。
もちろん全員すっぴんだし。
髪も振り乱してるし。

でも平気な顔して入ってきて、乳首丸出し状態のママに笑顔で声をかけながら、
「お乳の出はどうですか?」
なんて話してる。

本人がいる前では言わなかったけど、みんなで騒然としてたよ。

「男性助産師は否定しないけど、授乳室にしれっと若い男の子が入ってくるとさすがに違和感があるよねー」

って。
ちなみにその研修生は20歳くらいの子だった。
まぁ、職業による男女差別はいけないんだろうけどね。
そのうち普通になっていくのかな。





ああ、話がそれちゃった。


とにかく女ばかり結婚すると変な肩書きがつくわよね、って話。
関連記事
[ TB*0 | CO*8 ] page top
それは君、エアロスミスやないか
最近「アー」だの「くー」だのおしゃべりを盛んにするようになった息子を抱いて、ビーグル38のネタをするのが楽しくてしかたなさそうなtsuパパ。

それでたまにグーの突っ込みを顔面に食らって嬉しそうにしてたりする。
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
イブイブイブ
20091222225837
↑どちらも今すぐ使えない


tsuさんからクリスマスプレゼントを受け取った。


が、どう見ても息子用だし、夢は夢で終わるし。

ちゃんと「何か美味しい食べ物」と指定しておくべきだったかしら。
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
天使のアッパーカット
息子に添い寝して寝ると温かくて気持ちいいが、数十分に1回くらいの頻度でパンチを喰らう。

しかも笑い声(寝言)付き。


末恐ろしい。
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top
接待中
朝からしつこく笑顔を強要し、0歳児から見事な愛想笑いを引き出しているtsuパパ。
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top
メリクリ
20091225211409
HUNTER×HUNTERの最新刊が発売になってテンションが高かったのか、記念日に無頓着なtsuさんが珍しくクリスマスケーキを買ってきてくれた。


先日のクリスマスプレゼントもかなりねちねち、お小遣を手渡しながら要求してやっとくれたものだしね。

そのせいかあたし用ではなかったけどね!

でも、Amazonで「This Is It」のDVD予約しちゃったからもういいもん。
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。