毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
すべてがFになる
フリーサイズがきつい件
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
漫画読みました@ぢごぷり
[ぢごぷり]地獄のプリンセスの意味
↑表紙に騙されるな


tsuさんが「面白いらしいよ」と言うので買ってみた。


すごい。
これはかなりリアルな育児漫画かも。

どうやって育児ノイローゼになるのかがわかる。
というか、どうしてノイローゼになるのかがわかってもらえる、漫画。

いわゆる育児エッセィや育児漫画では語られない、真実、現実の育児が描かれていて、読んでて共感しまくり。


これから赤ちゃん産む人が読む場合は覚悟して欲しい(笑)
けっこう鬱展開だから、読みながら「育児ってこんな大変なんかよ」と落ち込まないように注意が必要かも…。


だけど、読み終えてすごく肩の力が抜けた。
もう少し気楽に育児しなくちゃいかんなー、と。

実は私もこの漫画の主人公みたいに、tsuさん以外の身内にはほぼ頼れない状況下で育児をしてるから、何かあるとすぐ追い詰められてしまいがち。
人見知りのせいで自治体主催のサークルにもなかなか足を運べず、引きこもり体質のせいで近所のママ情報にも疎遠。

世間一般よりかなり孤立した状態で育児をしていたりする。

だけど、この漫画を読んでもう少し周りに頼ってみるのも大事かも?と思えるようになった。
ま、実際に行動に移せるかは別だけど(笑)

とりあえず、今日も育児頑張ります、と胸を張れ、私。
みたいな感想を持てる、鬱展開なのに不思議な育児漫画ですた。


検索結果木尾士目の「恐い育児マンガ」 ぢごぷり1巻 - アキバBlog
ぢごぷり2巻 「木尾士目の子育て漫画、ここに完結!!」 - アキバBlog
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
洗濯物崩し職人
ベランダから取り込んで山積みになってる洗濯物には見向きもしないくせに、私が洗濯物をたたみ始めたとたん、猛烈な勢いで寄ってきて崩しにかかる息子。

「やめなさい!っていうか、やめろー!こらー!やめてー!いやー」
と注意し、伸ばした手をつかみあげても、うーっうーっ!と唸り声をあげて猛反発。
つかんだタオルやパンツを放そうとしない。
35歳母と0歳息子が互角でパンツの奪い合い。お互い必死。

結局いつもたたみ直す羽目に。

なんであんなに必死なんだろう?
まるでそれを仕事にしてる人みたいに真剣に崩しにくる。
どんなに叱っても「これだけは譲れない」みたいな感じ。
他のいたずらは叱ると一応一瞬手が止まるんだけど。

あ、あと洗濯ハンガーを入れてあるカゴをひっくり返して、中からハンガーを取り出して(散らかして)る時も真剣そのものだなぁ。

ひょっとして、洗濯物になんか怨みでもあるんか。
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top
モンスターチャイルド
10ヶ月になった息子。
とうとう何にもつかまらないで立っていられるようになってしまった。
すでに数歩くらいは歩く感じ。

ただ、今のところそのまま私にジャンピングダイブしてくる確率高し。
高確率で、息子の振り上げた小さな拳が恥骨やみぞおちにヒット。
本気で痛い。


そんな息子さん。
お行儀が悪かったり、悪戯が過ぎたりして私が大声で叱っても、あれ?ひょっとしてi-Pod耳にささってるのかな?ってくらい、反応しない。
そんな時に横でお菓子の袋をガザガザさせると、首がそのまま一周してしまいそうな勢いで振り向く。

聞こえとるやないかー。

0歳児にしてすでに聞こえないフリをマスター。


しかも、私が叱っても知らぬ存ぜぬか、ブーブーギャーギャーと拳を振り回しながら反論する息子さんは、お父ちゃんであるtsuさんが一言
「ダメでしょ!」
と叱っただけで、めそめそと泣く。

理解しとるやないかー。


完全に舐められている母。
すでに前途多難。


関連記事
[ TB*0 | CO*4 ] page top
せがれいじり
最近の息子はちんちんの存在に興味津々のようで大変。
おむつ替えの時もちんちんばっかり触ってしまい、うんちをしてた時なんかはちょっと困る。

しかも今日はトイレで座ってるtsuさんの膝の間に潜り込んで、乳絞りみたいにひっぱっていた。

もちろん、tsuさんのを。
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top
4周年
tsuさんと付き合い始めてやっと4年が経過。
気がつきゃ彼の子まで産んでいる。


うーん…
どうせすぐ別れるだろうからと、ひと夏の思い出くらいのつもりで付き合い始めたんだけどなぁ。


ひと夏どころか、残りのひと人生?を一緒に過ごす勢いだ。

このまま老後まで勢いが衰えることなく、ガンガン突き進む感じで、今後ともひとつよろしくお願いしますよ、tsuさん。
どうせここ読んでるんでしょ。
だから、もう直接は恥ずかしいから言わないよ(笑)
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top
ママと呼ばないで
息子がずっと私に用がある時に「まんま」と呼ぶのを「まんま=おっぱい(空腹、眠い)」くらいの気持ちで受け止めていた私。
しかし今日、息子を歯科医院に同行した際、昼寝もたっぷりご飯もたっぷり食べさせてから連れて行ったのにも関わらず、私が診察台に横倒しになって顔が見えなくなったとたん(息子はベビーカーで診察台に横付け)、

「まんまーまんまー!」

と息子がギャン泣き。
いつの間にか「まんま=ママ」になってたことに気がついた。

お母ちゃんと呼ばせたい私の気持ちなんかとは無関係に、息子からは「ママ」と呼ばれそうな予感…


たしかにtsuさんには、「お父ちゃん」より「パパ」が似合いそうだけど。
だけど私はママなんてキャラじゃないよー!
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
デジカメなの

↑バラバラにはならないみたい


姪っ子が誕生日プレゼントに買ってもらったLEGOのデジカメ。
ちゃんと写るし、フラッシュも光る。


すごいかわいい(*^ω^*)
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
映画観ました@トイストーリー3
久しぶりに映画で泣いた。
いやー、よかった。

なんかジブリなカメオ出演もあったし。
(カメオじゃなかったりして、がっつり出演料もらってたりして)

トイストーリーを観ると、息子に買い与える玩具も長く使ってもらえるようにちゃんと吟味しないといけないなぁ、としみじみ思う。
親の私が気に入ったものではなく、ちゃんと息子が気に入った物を与えられる親になりたい。

今はまだどうしても私の嗜好が大きく影響した玩具になってしまってるからね。
うちの息子にも、いつかウッディやバズみたいな良い相棒と出会える日が来るといいなぁ。


関連記事
[ TB*0 | CO*1 ] page top
母の180分
そんなわけで、tsuさんに息子を預けて映画を観に行ってきたわけだけれども、帰宅したらギャン泣き中の息子と、そんな彼を抱きかかえて呆然としているtsuさんが居て、ものすごい罪悪感。
息子はもう泣きすぎて、涙も出なくなってたみたい。
お茶を飲まそうにも拒絶されたらしい。

月齢が上がる度に、泣かなくなってくれると思いきや、月齢上がる度に「母の不在」に敏感になるみたいで。何度もドアに向って這って行き「まんまーまんまー」と泣いていたみたいだ。
3ヶ月に一回のこととはいえ、やはり0歳児育児中に母が外出するのは難しいんだろうか。

たった3時間ちょっとの外出もままならない。

もう10ヶ月も経つのに。
産休明けで職場復帰する人とかどうしてるんだろう。
母乳育児だからだめなんだろうか。

ていうか、ミルク全然飲んでくれなかったんだけど。
哺乳瓶まったく受け付けず。
いや、タイミングの問題かも。
母乳が出すぎる私には、息子にミルクを飲ませる時間的、月齢的タイミングがさっぱりわからなかったわけで。

母乳育児のメリットはきっと多いんだろうけど、今の私にはデメリットばかり浮かんでしまうよ。

・人に預けられない
・母子ともに鉄分が不足する(息子は現在鉄欠乏性貧血の治療中)
・私のカルシウム不足(十数年ぶりに虫歯)
・授乳前提の服装しかできない(ワンピースとかは着れない、着ないけど)
・夜中に何度も授乳タイムがあり寝られない(未だに数時間ごとにおっぱい要求)
・乳首の所有権を巡る夫と息子の確執(tsuさんがおっぱい触ると息子が怒る)


ちなみにtsuさんはこの日、前夜から友人の家に泊まりで遊びに行っていた。
徹夜で遊んで夕方帰宅。
もちろん私の了承は得ての事だし、結婚して以来、日頃から私に遠慮してあまり個人で友人と遊ぶ予定を入れないtsuさんだから、私としてはむしろ背中を押して追い出したくらいの勢いなんだけれども。

ただ、夫婦で、というか父母でこの差はちょっと不公平を感じる、かも。

でもtsuさんだって、きっと
「なんで俺と二人きりだとこんなに泣くんだよー」
と、息子の態度に不公平を感じていたに違いないので、そこはお互い様なんだろうな。


あと数年の辛抱。

とはいえ、
そんな悩みが解消される頃には逆に寂しくなってるはず。
ポジティブに考えるしかない。うがー
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top
競艇@とこなめ祭

↑今日は船券売ってません


とこなめ祭に遊びにきました。
メイン会場のとこなめ競艇場で茶碗を購入。

屋台もいっぱい出ていて、ポテトとみたらしとかき氷を食べました。


って、久しぶりに日記ぽい記事だ。
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
機械のトモダチ

↑遊ぶのに夢中


息子がはいずり回る上に、お菓子を食べ散らかすので我が家の掃除機は毎日稼動している。

が、先日ついしまうのが面倒で掃除機を出しっぱなしにしていたら、なんと息子がほぼ一日中掃除機で遊んでいた。

こりゃ、楽でいいや。
いい遊び相手を見つけちゃった。


ただ、掃除機君に電源が入ると少し腰がひけちゃうけどね(笑)
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top
つれづれなるママに。
息子が夜泣きしてすっかり寝るタイミングを見失った。
気が付きゃこんな時間。
もうtsuさんが起きてきちゃうよ。
つづきを表示
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ