毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
来るべき時がきた
とうとう息子が出勤するtsuさんを見て泣き出すようになった。
順調にパパっ子になっているようで嬉しい限りだ。

が、慰めるのがちと面倒臭いっちゃ面倒臭い。
関連記事
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
変態ママ
昨晩の夜泣きのせいで寝不足だからか、今朝から若干不機嫌な息子。
いろいろと手を尽くして機嫌を直しても、すぐ元に戻ってぐずりだす。
とはいえ、こっちも寝不足なのでだんだんイライラを通り越して、ナチュラルハイに。

思わず「ぱいぱいばぁ」(顔ではなく、おっぱいを手で隠していないないばぁ)をやってみたらバカうけ(死語)。
機嫌の直った息子に気を良くし、おっぱいの間に息子の顔を挟んで頬っぺたをパチパチする「おっぱいパンチ」まで披露する私。

息子は大興奮。
そのうちチラリとおっぱいを見せるだけで大喜びするように。

半裸でホッと息をつくも、自分のやってることに我に帰る。
私は変態か。
いや、変態だ。


しかし、こんな姿tsuさんには見せられない。
見せたら息子の後ろでほくほく順番待ちしてそうだ。
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top
主婦生活四年経過の果てに

↑絶妙なバランス


どうも洗濯物は上へ上へ積み上げる癖があるみたいだと、ふいに気が付く午前四時半。
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
蛙の子は蛙(パジャマも)

↑慣れた手つきで(?)キーボードを叩く息子


まるで、息子サイズにオーダーメイドしたみたいにジャストフィットなネットブックのミニパソ。
私が使う様子をよく見ているようで、キーボードをぱちぱち叩いてご満悦。


頼むから壊すなよー…
関連記事
[ TB*0 | CO*8 ] page top
冷える肝
いたずらやわがままが増え、自己主張が激しくなってきている息子。
私が叱っても蛙の面に水、馬に念仏なので、一応息子には怒らせたらやばい相手として一目置かれているtsuさんが、在宅時の説教役をしてくれている。

が、その叱り方が怖い顔して息子を抱き上げ、電気のついてない暗い部屋に連れ去り、こんこんと念仏のように説教をする、というもの。

効果のほどはイマイチみたいだけど(だめじゃん)、はたから見ている私の方が怖いよ。(←暗いとこ苦手)

tsuさんに叱られないように気をつけよう…。
関連記事
[ TB*0 | CO*2 ] page top
ダンディキラー

↑最後にやったのはいつだ


マンションのコミュニティで開催されたボーリング大会に参加中。

息子がおじ様を骨抜きにしていて、抱っこされてたまま帰ってこない(笑)
楽でいいなぁ。
関連記事
[ TB*0 | CO*3 ] page top
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。