毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/27(水)18:08   CATEGORY: 愛の戯言
ハリネズミのジレンマ
映画と本を恋人にしてる方が人に優しくいられる気がする。

まあ、気がするだけなんだろうけど。


昔から、愛されるとか大事にされるとか、すごく苦手。
なんだか自分が居るべき場所じゃない気がして、居心地が悪くて、すぐ投げ出してしまいそうになる。
邪険に扱われてるくらいが自分にはちょうどいいくらい、なんて。
今でもどっかそう思ってる。

長い時間、こんな自分を本気で愛してくれる人なんていない、って思いながら生きてきたせいだろうけど。


だから最近苦しい。
自分がどうあるべきなのかわからない。



さっき、窓を開けたらすごく懐かしい匂いがした。
何の匂いか思い出せずに考え込んでいたら、それが玉葱入りの味噌汁の匂いだってことに気がついて、急に涙がこぼれた。


優しくなりたい。
そう思った。

関連記事
page top
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。