毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
君が、嘘を、ついた。
最近やってる「ラストフレンズ」っていうドラマが悪夢だ。
かなり。

「恋愛ってなんだろう」


そんな悩みでぐるぐるになってた頃の自分を激しく思い出してしまう。そして心が過去に引き戻されて、後悔して、後悔してぐるぐるする。後悔しても何にもならないし、現状が良くなるわけでもない。っていうか、そもそも現状に何も問題がない。むしろ観ない方が精神衛生上とても健全。でもバカだから見ちゃう。

今やってる昼ドラも地味にやばい。
運命感じて婚約した相手がまだ昔の恋人に未練タラタラで、嫉妬に狂いそうになるんだけど、実はその相手が双子の姉だっていう。しかもその男は自分を振った相手に復讐するために、わざと双子の妹と結婚してやろうとしてるっていう。ああ、なんていう泥沼。
これは絶対ヤバイ匂いがするので、なるべく観ないようにしてるのだけど、うっかりチャンネル変えた時に映ると観ちゃう。ガン見しちゃう、バカだから。それでまたぐるぐるする。

一人が辛くなる。そわそわする。
数時間前まで家に居たtsuさんに会いたくてたまらなくなる。
ホントおバカな奥さんだ。
ドラマ製作者の思うがまま。
脱ぎ捨てられたtsuさんのパジャマを抱きしめて悶絶。
tsuさんの寝ていた布団に潜って爆睡。これはただの昼寝か

何が辛いって、tsuさんとの恋愛の思い出が全然無いのが寂しい。

tsuさんとは恋人時代を数ヶ月、お互いに元彼元彼女に振り回されつつ、密会のようにコソコソデートをするだけの微妙な関係だった時期を入れたって半年程度の恋愛。
しかも付き合う前のtsuさんから、「次、誰かと付き合うときは結婚前提になると思う」と、散々聞かされていたわけで。そんな人から数日後「付き合ってくれ」と言われ、それを承諾した瞬間に婚約成立したようなもんだったわけで。うだうだ。

付き合う前には待ち合わせてデートもしたってのに、付き合うことになってから待ち合わせしたのなんか1回しかない。しかもそれはデートじゃなくてオフ会だったし。
片思いで辛い日々、とかもないし。
むしろtsuさんからの猛烈アピールでオロオロしてたくらいだし。
さらにあまりのアピールにテンパって「もう電話もメールもしてこないで」とか言っちゃったくらいだし。

・・・そう、ちょうど2年前の今日。
確かにあたしはtsuさんに「もう電話もメールもしてこないでください。金輪際連絡を絶ちます」なんてメールをしたのだ。
しかもそんなメールさえしてなければ、後々起こったあんな事件も、こんな事件もまったく起きてなかっただろう、とか。でもその数ヶ月に起こった出来事が無ければ、tsuさんと付き合ってみようなんて絶対思わなかっただろう、とか。それでもって多分、それはtsuさんも同じなんだろう、とか。

なんのために付き合って、なんのために愛して、なんのために尽くすのか。
誰のために付き合って、誰のために愛して、誰のために尽くすのか。
お互いにそれを深く深く考える数ヶ月だったのかもしれない。

って、ああ、話がそれた。
真夜中に一人で恋愛ドラマなんか観たせいで、今完全に頭が恋愛脳だ。
ちょっと振り返れば元恋人の旦那様が大いびきかいて寝てるっていうのに。

でも、だけどね、tsuさんはともかく、あたしは違うのだ。
ブログから飛び出してきたリアルな男としてのtsuさんを、本当の意味で受け入れられるようになったのは結婚してからなのだ。もっと言えばtsuさんのブログ更新が停滞してきたからなのだ。
あたしの生活からブログのtsuさんが消えて、リアルのtsuさんだけになっていったからなのだ。lll:3ミ

ある意味あたしのリアルな恋愛はそこから始まっていたりするのよ。

だから、恋愛のゴールは結婚じゃないかもしれない。
だけど、でも、それなら。
そうだとするなら。
結婚してから始まった恋愛は何処へ行けばいいんだろう。


連休初日の明け方。
恋人から夫になってしまった人の寝顔を見つめながら、恋人からただ妻の仮面をかぶっただけのあたしは、ちょっと途方にくれていたりする。
関連記事
page top
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ