毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
夫婦の点数
20090206201102
↑実はアラフォー世代向けだったらしい。


結婚以前から「赤裸々恋愛日記」と称して日々自分の偏った恋愛観を露吐してきただけあって、恋愛マニュアル本みたいなものは毛嫌いしてきた。
なんていうか、恋愛は「オレ流」が一番格好いいんだ、と思っていたからというかなんというか…。

しかし、tsuさんと付き合う直前あたり(正確には前彼と別れて)から「どうも、あたしの恋愛には何か足りない気がする」と思うようになり、必死に恋愛マニュアル本を読むようになった。実際その効果があったかどうなのか判らないが、その後tsuさんとの交際が始まり、今に至る。多少のトラブルはありはしたが、今のところ付き合いは順調だ。

しかし困ったことにそれ以来、恋愛マニュアル本にすっかりハマってしまい、年中「彼に愛されるには」「幸せな結婚生活を送るための〇つのルール」「愛する人に大切にされる秘訣」みたいな本を読みあさっている。

正直、読んで何が変わるわけでもない。

きっとこんな本を買っちゃうけなげな自分に酔ってるだけだ。
実際、晩御飯の準備もしないで夫婦円満マニュアル本を読み耽り、帰宅したtsuさんに毎日のように怒られている。
まさに、本末転倒。


だけど、この本は面白い。
夫婦になると恋愛やら愛情やらの話ではなくなるからか、内容は主に「人生の伴侶である同居人への思いやりマニュアル」とでもいうか。

先の長い結婚生活にクリアすべき楽しい目標を見出だせるような、気持ちのいい内容になっている。

いつかtsuさんにも読ませてみたいものだ。
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。