毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
子供に帰れる場所が出来た。少し大人になれた気がした。
高校時代に「ウーロン茶」が流行った。
なんでも脂肪を燃やしてくれるんだか、なんやらで。
「ダイエットに良い」みたいな感じで、とにかく流行ってた。

しかもある時、当時好きだった人が、
たまたまあたしがウーロン茶を飲んでいたのを見て、
「ウーロン茶飲んでるんだ。ダイエットに関心があるの?」
みたいな反応をした。

当時のあたしはダイエットになんかまったく関心はなかった。
だけど、それ以来狂ったようにウーロン茶を飲んだ。
でも、基本苦い味が苦手なあたしは、ウーロン茶を美味しいと思ったことはなかったし、好きな人と何か話すきっかけをくれたお茶だから、みたいなことくらいで無理矢理飲んでいた。

でもそれ以来、周りの人にはすっかりウーロン茶が好きな人、
みたいな認識が出来てしまい、
飲みたくもないのに差し入れでウーロン茶をもらったりすることが多々あった。

苦悩するほどの悩みでもなかったけど、
毎回「苦いなー」と思いながら、それでも文句も言わず飲んでいた。

**********

何故だか昔から、珈琲が飲めるのは大人な人、みたいな認識がある。
今でもある。
珈琲を美味そうに飲む人は「大人だ~」とか思う。
ちょっと憧れる。
違いのわかる大人だ、とか思ってしまう。
でもあたしは珈琲を飲まない。

苦いから。
時間が経つと口の中がすっぱくなるし。苦手。

でも、実は結構最近まで飲んでた。
だって大人になったみたいだったから。
珈琲を飲めるあたしって格好いいとか、思って。
内心「苦い・・・」と思いながら、それでも飲んでた。
苦いと思いながらも、珈琲の飲める自分に悦に入ってた。

違いなんかさっぱりわかんないのに、
違いのわかる人の気分を勝手に満喫していた。

**********

タバコを吸い始めたのはたぶん14歳くらい。
本格的に吸い始めたのは17歳くらいか。

理由なんて簡単。
周りの人が吸ってたし、なにより格好いいと思ってた。
タバコを吸うのは大人っぽいと思ってた。
でも、特別美味しいと思ってたわけでもなかったから、
その時付き合ってる人で数量は増えたり減ったりしていた。

ヘビースモーカーだった時期もあったけど、
タバコに依存していたというより、
タバコに依存してるのが格好いいとか思っていた。
何か中毒になってるものがある方が、格好いいと思った。

実際口寂しいのもあったし、
咥えタバコで憂う自分はちょっと絵になってるんじゃないのか、
なんてトンデモ勘違いをしていた時期もあった。

とはいえ、毎日何本も吸っていたので多少依存してたのはあると思う。

タバコを吸ってた方が何かに集中できるような気がしたし、
タバコを吸うということで仲良くなれた人もいたし。

割と人からバカにされる人生だったので、
てやんでぇ、みたいな気分な時にタバコを吸うとちょっと楽になれたのもあったかもしれない。なにが楽になってたのか、今となっては思い出すことも出来ないけど。

**********

tsuさんと付き合うことになった時。

「タバコを止めて欲しい」とは特に言われなかった気がする。
でも自然と吸わなくなった。

tsuさんは珈琲を飲まない。
飲めないわけじゃないけど、飲まない。
珈琲より紅茶派、そんな感じ。
なので我が家にはやたら紅茶のストックがあったりする。

でも、たまに出かけていった先で珈琲を出されたりしたら
美味しく飲む。
あたしもそうする。
「美味しい珈琲をありがとうございました」
と言うくらいのことはする。

**********

今日tsuさんになんとなく、
「昔、ウーロン茶が苦手なのに、我慢して飲んでた時期がある」
って話をした。
たぶん、
「爽健美茶ほど美味いお茶はない」みたいな話がきっかけだったかも。

話しながら当時の自分が可笑しくて、
あまりにも滑稽で、でも可愛らしくて、
愛おしくて、涙を流して笑ってしまった。


頑張ってウーロン茶を飲んでても、好きな人との恋は実らなかった。
珈琲を頑張って飲んでても、違いのわかる大人にはなれなかった。
どんなにタバコを吹かしても、毎日ため息が絶えることはなかった。


でも、
ウーロン茶が苦くて苦手なあたしは、今。
珈琲よりも紅茶が好きな嫌煙家と結婚して、幸せに暮らしてる。

すっかり世間では大人と言われる年になったけど、
全然大人じゃない自分をさらけ出しては
「子供みたい」と笑われながら生きてる。

あんなに早く大人になりたかったのに。
大人になった今の方が子供みたい。

わさびがだめで、からしもだめで。
ビールが飲めなくて、漬物が苦手で。

カレーライスとハンバーグが大好きな大人になった。


ずっと背伸びをして生きてたあたしが、
今は背伸びをしない人生を生きている。


そして最近になって思うのは、
背伸びをしなくなったあたしは割と大人なんじゃないの?
なんて。

やっぱりちょっと悦に入っていたりするのだ。
関連記事
page top
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ