毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
母の180分
そんなわけで、tsuさんに息子を預けて映画を観に行ってきたわけだけれども、帰宅したらギャン泣き中の息子と、そんな彼を抱きかかえて呆然としているtsuさんが居て、ものすごい罪悪感。
息子はもう泣きすぎて、涙も出なくなってたみたい。
お茶を飲まそうにも拒絶されたらしい。

月齢が上がる度に、泣かなくなってくれると思いきや、月齢上がる度に「母の不在」に敏感になるみたいで。何度もドアに向って這って行き「まんまーまんまー」と泣いていたみたいだ。
3ヶ月に一回のこととはいえ、やはり0歳児育児中に母が外出するのは難しいんだろうか。

たった3時間ちょっとの外出もままならない。

もう10ヶ月も経つのに。
産休明けで職場復帰する人とかどうしてるんだろう。
母乳育児だからだめなんだろうか。

ていうか、ミルク全然飲んでくれなかったんだけど。
哺乳瓶まったく受け付けず。
いや、タイミングの問題かも。
母乳が出すぎる私には、息子にミルクを飲ませる時間的、月齢的タイミングがさっぱりわからなかったわけで。

母乳育児のメリットはきっと多いんだろうけど、今の私にはデメリットばかり浮かんでしまうよ。

・人に預けられない
・母子ともに鉄分が不足する(息子は現在鉄欠乏性貧血の治療中)
・私のカルシウム不足(十数年ぶりに虫歯)
・授乳前提の服装しかできない(ワンピースとかは着れない、着ないけど)
・夜中に何度も授乳タイムがあり寝られない(未だに数時間ごとにおっぱい要求)
・乳首の所有権を巡る夫と息子の確執(tsuさんがおっぱい触ると息子が怒る)


ちなみにtsuさんはこの日、前夜から友人の家に泊まりで遊びに行っていた。
徹夜で遊んで夕方帰宅。
もちろん私の了承は得ての事だし、結婚して以来、日頃から私に遠慮してあまり個人で友人と遊ぶ予定を入れないtsuさんだから、私としてはむしろ背中を押して追い出したくらいの勢いなんだけれども。

ただ、夫婦で、というか父母でこの差はちょっと不公平を感じる、かも。

でもtsuさんだって、きっと
「なんで俺と二人きりだとこんなに泣くんだよー」
と、息子の態度に不公平を感じていたに違いないので、そこはお互い様なんだろうな。


あと数年の辛抱。

とはいえ、
そんな悩みが解消される頃には逆に寂しくなってるはず。
ポジティブに考えるしかない。うがー
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ