毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
DATE: 2014/06/27(金)22:47   CATEGORY: 子供のこと
窓際のデジャヴ

↑完璧に隠れてるつもりの娘


娘とかくれんぼをして遊んでいたら、カーテンの後ろに隠れて息を潜めていた。
が、なんかこの構図見覚えがあるなぁ??と思ったら!


↓↓↓



まさに2歳の息子が同じことしてた(笑)


今年で5歳になる息子はスケスケのレースカーテンの後ろでは隠れたことにならないことを知ってる。一歳半の娘がレースのカーテンに隠れなくなった頃、子供達にこんな時代があったことを育児に日々忙殺されてる私は覚えていられるだろうか。

子供はいつまでたっても、いくつになっても可愛いものなんだろう。でも、幼い時代独特の愛らしさみたいなものは今この瞬間しか味わえない。

子供達の成長が楽しみである反面、いつも少し寂しくもある。幼い子供を世話すると高齢出産したおばちゃん母さんの老体では体力の消耗が激しいので、早くなんでも自分でやれるようになって欲しい。それでもやっぱりいつまでも親の手をわずらわせて欲しい気持ちもどこかにある。

矛盾した感情の板挟みになりながらゴールの見えない道を歩くのが育児なんだろう。

しかし、見事に同じ図だな。
関連記事
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ