毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ナイトミュージアム
ナイトミュージアム


日本博物館協会 推奨

いつものように、ささしまにある109シネマズで観てきた。
最近ミッドランドスクエアシネマがオープンしたし「109は空いてるんじゃない?」なんて思ったのが大間違い。めちゃめちゃ混んでた。109シネマズは(tsuさんとの初デートの場所でもあるけど) いつもちょっとマニアな映画を上映してたりするのでお気に入りだ。そもそもミッドランドスクエアシネマはあたしの青春のグランドを潰して出来たんだから、もっとなんとかして欲しい。駅前だから集客力のある映画を選ぶのはわかるけど、話題のわりにあまり面白くなさそうな映画ばかりな気がする。

さて、映画の話。
「ミート・ザ・ペアレンツ」と「メリーに首ったけ」で有名なベン・スティラーの最新作。個人的には友人に勧められてしぶしぶ観たら、大爆笑で涙がこぼれた「ズーランダー」のイメージが強いけど。監督のショーン・レヴィって「ピンクパンサー」の監督だったんだね。そりゃ面白いわけだ。tsuさんと二人して手を叩いて大爆笑してしまったよ。(上映中はお静かに)

ところで、「ズーランダー」でベン・スティラーと共演してるオーウェン・ウィルソンがめちゃくちゃいい味だしてるのに、どこにもクレジットされていない。もちろんパンフにも載ってない。公式サイトにも紹介されてない。その他の映画紹介サイトでも取り上げてない。やっとYahoo!映画で紹介されてると思ったら名前は一番最後にある。

ハッ!(`ロ´;) もしかしてカメオ出演なの!?

えーめちゃくちゃ出てたやん?あんなに目立つカメオは『フレンチなしあわせのみつけ方』に出てくるジョニー・デップ以来だ。ていうか、もうほとんどメインだもの。テレビで見たPR番組でも惜しむことなく紹介されてたよ?やっぱりベン・スティラーの映画ってことで特別出演なんだろうか。(信じられないので必死で調べたらやっぱりカメオだった)これはネタバレになるのか。

他にもロビン・ウィリアムズや往年のコメディ俳優などが出演していて、この映画の面白さに華をそえている。一見するとただの子供向け映画に思えるけど、そんなことは全然なく大人でも十分に楽しめる本格コメディ映画だ。あたしもtsuさんも歴史に弱いのでなんとも言えないけれど、もしかしたら歴史に詳しい人が観たらもっと面白いのかもしれない。(…逆に突っ込みどころが満載なのかもしれないけど。tsuるめ夫婦はそれもわからないほど二人とも歴史に無知) とにかく映画館でこんなに大笑いしたのは久しぶりかも。(調べたら映画館でtsuさんと一緒に観たコメディ映画はこれが初めてだった)

「(博物館にある)ミニチュアの人形が動き出したら面白いだろうな」
なんて考えたことがある人には是非観て欲しい。

公式サイト:http://movies.foxjapan.com/nightmuseum/
関連記事
[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

わくわく | URL | 2007/03/21(水) 00:40 [EDIT]
観たい!けど映画館で観るのはまたまた我慢だなぁ…
あ、ズーランダーの続編やるのかな?楽しみですね~♪
◆ズーランダーのガソリンスタンドでのシーンを思い出すだけで笑えて仕方がない。
うるめいちご | URL | 2007/03/22(木) 20:05 [EDIT]
>わくわくさん

うーん。
あの恐竜の化石が走り回る様子はスクリーンで味わって欲しいんだけどなぁ。

ズーランダー続編やるんだ?
ぞ、続編やるような映画だったかな??
◆オーウェンウィルソン・・・
VENDETTA | URL | 2007/03/24(土) 18:44 [EDIT]
こんにちは><
俺もカメオだったのがなんとなく気になります^^;
なんでだろ?あんなにがっつりでてたのに><
あのとぼけた表情好きなんで探しまくってたんですよ!クレジット!
て言うかうるめいちごさんのレポってちゃんとした情報がおおいですよね(ぉ
うらやましいwどうやって偏見以外の感想がかけるんですか?w
◆応援!?なウィルソン(ぇ
うるめいちご | URL | 2007/03/26(月) 00:13 [EDIT]
>VENDETTAさん

Σ(- -ノ)ノ エェ!?
ちゃんとしてませんよ!?

ただ映画の感想を書くにあたって、どんなにその映画がつまらなかったとしても正直に「つまらなかった!」とか「駄目な映画だ!」とかダイレクトにマイナスな言葉を使って書きたくない、というのはありますね。

でも実際振り返ってみて「本当に面白くなかった」という映画って、本当に少ない気がします。どんなにつまらない映画でも、製作者のメッセージはそれなりに感じたり、役者の演技が駄目でも脚本は良かったり、脚本ごちゃごちゃでもカメラワークが斬新だったり。どんな映画であっても、なにかしら注目すべき部分は見つかると思うからです。

ただあたしの場合、映画の感想を書くのにストーリーの流れに触れたり、登場人物に感情移入した感想を書いたりしないで、作品を作り上げる製作者サイドへの感想を述べる癖がそうさせるのかもしれません。

漫画の感想はバリバリ主人公や登場人物に入れ込んで、熱く語るんですけどね。なんででしょう。自分でも不思議。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。