毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
誰かのためにできること。
骨髄移植資料と臓器提供意思表示カード
↑骨髄移植資料はネットから、臓器提供意思表示カードはコンビニなどで手に入る。

先日、tsuさんの従姉妹の旦那様が白血病で亡くなった。
詳しい経緯はわからないけど、2年の治療期間中に2回ほど骨髄移植を受けていたそうだ。
偶然近所の会館で葬儀が行われたので、(tsuさんの仕事の関係上通夜にしか参加出来なかったが) ご焼香に行かせてもらってきた。

34歳だったそうだ。今年33歳のあたしとほとんど変わらない。
何か胸がぐるぐるする気分を持たずにはいられない。

それで通夜の直前、骨髄移植推進財団にアクセスして資料請求してみた。
これをきっかけにドナー登録をしてみようと思って。

以前から母がドナー登録していたりして興味はあったんだけど、ヘビースモーカーだったり不摂生をしていたりして、なかなかきっかけをつかめなかった。
でも結婚してタバコはやめたし、毎日わりと規則正しい生活を出来てるし、体重は平均体重以上にあるし。門を叩いてみようかと。

元々臓器提供意思表示カードは常時携帯しているけど、よく見たら今持ってるのは旧姓のままだった。これも書き直さないといけないから、またもらって来た。これには身内の賛成署名がいるけど、もう空欄のままにしておこうと思う。※1

実は学生時代は献血マニア※2で、献血車を見つけたら飛び乗って血を抜いてもらっていた。他にも成分献血とかも3ヶ月に1度くらい通っていた。それはやるたびにもらえた図書券や(現在はもらえません)好きに観れた映画のビデオが目的だったけどw
高校の修学旅行先(北海道でした)でもやって、スタンプカードがいっぱいにならないともらえないピンバッチをもらったこともある。
だけど先日金山駅でやってた献血の呼びかけに、ギラギラ目を光らせて「久しぶりに献血したいっ!」と思ったら、横で注射嫌いのtsuさんが青ざめて反対したので断念した。

ドナー登録を希望しても、必ずしも全員が通過するわけでもないらしい。健康状態や血液の状態によっては断念しないといけないかもしれない。もしかしたら過去の手術内容によっては、門前払いかも。

そうなったら妊娠した時に臍帯血バンクにでも登録してやる。

とにかく近々動き出してみようと思い記事にしてみた。


骨髄移植推進財団:http://www.jmdp.or.jp/
(社)日本臓器移植ネットワーク・ホームページ:http://www.jotnw.or.jp/
日本さい帯血バンクネットワーク:http://www.j-cord.gr.jp/index.jsp
日本赤十字社:http://www.jrc.or.jp/index.html

※1
この前のあるてぃさんの記事へのコメントにも書いたけど、身内の登録カードに賛成の署名が出来るか?って言われたら多分出来ないんだけどww
tsuさんが「オレもやる」と言い出したらあたし反対しちゃうかも。


※2
高校時代に作ってた創作同人誌サークルの名前も「サークル赤十字~あかいとうがらし~」とかにしていた。よく考えたら当時から赤いものがやたら好きだったかもしれない。いや?クロス好きだったから十字架に反応か?いや・・・赤い十字架だから??
関連記事
[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

あるてぃ | URL | 2007/06/15(金) 00:02 [EDIT]
骨髄バンクだっけ?
あれに登録しようかなぁとか思うんだけど、骨髄液?を抜くのがかなり激痛とかきいて迷い中w
◆エヘン!ドナー登録経験者
つるママ | URL | 2007/06/15(金) 02:19 [EDIT]
登録経験者(談
一次検査合格、それから二次検査合格して登録前に
ビデオ見て説明を受けてからの登録です。骨髄液を抜いての
検査ではなく血液検査です。骨髄液を抜く前の麻酔の注射が痛いのですね。背骨にある神経まで的中するまでやられます。
これも人助けなら......。50歳になると名簿から自然に削除です。
◆初めまして!
バタ | URL | 2007/06/16(土) 10:36 [EDIT]
あちこちのコメント欄でご一緒させて頂いております、恐縮です!
まずはご挨拶がてらお伺いしました。

骨髄バンクに登録したいのですが、仕事の休みの都合がねぇて感じで躊躇してます。献血ぐらい気楽に出来れば絶対登録するんだけどなあ。

私も献血マニアでした。
献血手帳を紛失してからしてないので、今度見かけたら一気に400抜いてきます!
◆あたしは働いてないので、お金を寄付するよりも身を削った方が役にたてそう、なんて思ってしまうんですよ。
うるめいちご | URL | 2007/06/17(日) 01:31 [EDIT]
>あるてぃさん

お米ありがとう。

いざ提供者が見つかって、骨髄液を抜く時は結構痛いみたいだね。
数日間入院もしないといけないみたいだし。

>母上様

お母さんが登録しに行った時に

「よぉし!これからは健康維持に気をつけて、体重も40キロ以下に減らせないし、頑張るぞ!」

と帰宅早々玄関で叫んで居たのを今でも覚えてるよ。
あれ以来体重が40キロ以下になるたびに「ドナー登録できない体だ」と思うようになってしまった。

今回結婚して どうやっても体重が40キロ以下に減りそうにない と察して登録する気になったの。

>骨髄液を抜く前の麻酔の注射が痛いのですね。背骨にある神経まで的中するまでやられます

あー 背骨の麻酔は本当に痛いね。

出産の時に下半身の部分麻酔したけど、メチャクチャ痛かったもん。
陣痛の痛みは忘れても、あの背骨の間に太い注射針が2回もささった感覚は忘れられないわ。痛すぎて。

>バタさん

初めまして、いつもお世話になっています。

本当に、本当にいつもお世話になっています。

去年の秋に名古屋の北海道物産展に行って以来、我が家の冷蔵庫から「桔梗」豚丼のタレが消えた日はありません。

なくなっても、すしバーさんに頼み、今でも大事に使っています。
そろそろ切れそうですが(ぇ


献血マニア!いましたか!
嬉しい!

誰に話しても「そんな(献血が好きだなんて言う)ヤツはただのドMか、変態だ」と言われ(実際そうですが)
なかなか理解を得られませんでしたが、仲間がいたとは。
本当は針が刺さるのが好きなので、針が刺されば何でもいいんですが。なので、点滴・注射・採血もれなく好きです(変態

昔は割と生きてる現実感を持てなくて、たまたま献血をした時に腕から管を通って流れる自分の血の赤さに、温かさに「ああ、あたしはたしかに生きている」と実感できたことが、献血にはまったきっかけです。

今はもうちょっと健全な理由にかわってますが。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。