毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
この梅雨を詠む
・おろねぶる たゆとうたゆとう愛しキミ 繋いだこの手を放すことなかれ

・「好きだよ」を何度も何度も聞きたくて「あたしを好き?」を繰り返すんです

・雨の日にあなたを駅まで送るのが小さな幸せ 雨よ降れ降れ

・梅雨空に空知らぬ雨濡れ惑う 心の傘を探す歌詠み


歌の用語で「空知らぬ雨」というのがあって、これは「涙」を意味してたります。
他にも「時を知る雨」なんてのもあって、これは読んで字のごとく「時雨(しぐれ)」の別称なんですが、これにも「涙ぐむ」「涙を落とす」など「涙」の意味が含まれていたりします。

昔から流す涙を雨に例えて、歌が詠まれていたかと思うと感慨深いです。
関連記事
[ TB*0 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
◆本日は半夏生ず
nozomi613 | URL | 2007/07/02(月) 19:02 [EDIT]
お!奇遇だね!短歌とは少しズレますが、
自分は「雨を唄った曲」マニアだぜ!
昭和歌謡には名曲が多いのです。ビバ!日本語!

そんな、うるめサンにオススメの本が↓コチラ。(既に持ってたら御免!)
http://www.amazon.co.jp/%E9%9B%A8%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%B0%E8%BE%9E%E5%85%B8-%E5%80%89%E5%B6%8B-%E5%8E%9A/dp/4062103192
コレをペラペラめくりつつボンヤリ考え事をしだすと、
あっという間に2時間位経ってしまってアラびっくり。
◆半化粧って草が白く染まる時期ですね。
うるめいちご | URL | 2007/07/03(火) 15:04 [EDIT]
>nozomi613さん

すっごく興味深い本ですね!
本屋サイトを数箇所探してみましたが、もう発売されていないようで。
あ゛~残念ッ!v-406

あるてぃ | URL | 2007/07/03(火) 23:54 [EDIT]
じゃあオレのオススメは現在スーパージャンプで連載中の『ショートソング』ってマンガ。
短歌を扱ったマンガ。
旦那読んでるかも。

うち。 | URL | 2007/07/04(水) 01:18 [EDIT]
ステキ~v-238*・:.。.:*(゜∀゜)*:.。.:*v-238
男性も共感するのかなぁ、こういう歌って。
◆腹の肉はうつりにけりないたづらに わが身ぷるぷるながめせしまに
うるめいちご | URL | 2007/07/05(木) 17:47 [EDIT]
>あるてぃさん

tsuさんはスーパージャンプ自体読んでないぽいです。

短歌で「ショートソング」かー。
原作は小説なんだね。
漫画より活字派のあたしとしては小説の方が気になるところ。

>うち。さん

2番目の歌なんかは共感してるというか、納得してる男性が何人かはいる気がするんだけど。
どうなんでしょう。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ