毒を食らわば皿まで。
草食理系男子の夫とはブログ婚。四十路眼鏡女の結婚育児奮闘記。
真夏の夜の夢
今朝方、見た夢。

夢の中であたしは高校生だった。

懐かしい制服に身を包んだあたしは、教室のほぼ中央にある席に腰かけ、当時よくそうしていたように両足を前に投げ出し、机に頬杖を付いてぼんやりしていた。
すると、やっぱり懐かしい当時の担任の先生がやってきて、なにやらせわしくチョークで黒板を叩きながら説明を始める。
どうも今日は学校内で就職説明会みたいなものがあるらしく、校舎裏の体育館に何社か企業が来ていて、生徒と面接をするらしい。現実の世界でのあたしは進学クラスだったので、夢の中で「えっ、あたし就職するの?」とちょっと戸惑っていた。

自分の番になって呼ばれる。
でも何故か呼ばれた名前は旧姓ではなく、今の苗字だった。
体育館へ向かう途中、自分が当時好きじゃなかった便所スリッパみたいな上履きを履いてる事に気が付いて、気分が萎える。かかとを鳴らして歩く癖のあるあたしは、当時足音だけで誰か分かるとよく笑われていた。

体育館の入り口に着く。
するとどこかの派遣会社の人なのか、まったく見覚えのないお姉さんに
「番号札見せてください」
と言われた。
どうやら教室で配られてた番号札の事を言ってるらしく、面接する企業の人に渡すために必要なものらしい。もちろん見事に教室に忘れてきている。
っていうか、そもそもその番号札をもらった覚えがない。

─── 別に面接する本人はここに来てるんだしいいじゃん。
札の番号で採用判断するわけじゃあるまいし。

なんて思って気楽に考えていたら、
「番号札を取りに戻るか、今年の就職をあきらめるか、どちらかです」
と案内役のお姉さんに冷たく怒られてしまった。

───はぁ?なんでそこまで言われなきゃなんないの。
しかもなに、その人を見下した態度。
そもそも、あたしは別に就職なんかしたくないんですけど。

・・・なんか、感じ悪い。

ムッとしたあたしはその場で回れ右。
わざとスローモーションみたいにゆっくりした動きで、今歩いてきた廊下に向かって歩き出してみせた。それを見て案内役のお姉さんが叫ぶ。
「あなた!歩いてないで走りなさい!就職できなくてもいいの!?」
それを背中で聞いたあたし、とぼけた声で言い返してやる。
「別に番号札を取りに帰るわけじゃないです。元々就職なんかする気はないし、もうここに戻る必要もないので、ゆっくり歩いて教室に帰るんです。いけませんか?」
「えっ・・・」
ぽかーんとした顔になったお姉さんを見て、「ザマミロ」とつぶやく。

教室に戻るなり、あたしは机の中身を鞄につめる。
久しぶりの黒い革鞄、久しぶりすぎて一瞬鞄の口を開けるのに手間どってしまった。
すると、さっそくあたしの行動を聞きつけた担任が教室に飛び込んできて、顔を赤くしたり青くしたりしながら「待ちなさい!考え直しなさい!」とあたしの腕を掴んで引き止める。いい加減うんざりしていたあたしは、かなり乱暴にその腕を振り切って、教室を後にしてしまった。

その時ふと左手に結婚指輪をしてることに気が付く。

───ああ、そうじゃん。あたしもう結婚してるんじゃん。

家に帰ると玄関ではお母さんが座り込んでうなだれていた。
「担任の先生から電話があったわよ…高校卒業したらどうするのいちごちゃん。あなた一人でどうやって生きていくつもりなの?」
過去のお母さんだったらありえない反応。
こっちが何か言い訳する前に平手が飛んでくるような人だったから。
でもまぁ、どっちにしろ進学っていう選択はもうないわけね。
「あー・・・うん。心配しなくても大丈夫だよ、あたし多分結婚する」
「えっ!どういうこと?相手はいるの?」
元気なく下を向いてたお母さん、それを聞いて急に身を乗り出してくる。
っていうか目が真っ赤だし。もしかして、泣いてたの!?
泣くほどあたしの先行きを心配してるわけ?
「いるよ。てかもう結婚してるし」
だんだん目が覚めてくる。
夢の中のあたしはこれがもう夢だってことに、気付き始めてる。
「えー!いちごちゃんお母さんにもわかるように説明して!相手はどんな人なの!」
お母さんが必死だ。なんか笑える。
夢の中のお母さんは今でもあたしが心配で仕方ないんだ。
でも現実のお母さんはきっともう何の心配もしてない。はず。
「うっ…どんな人って言われてもねぇ・・・」

考えてるうちに目が覚めた。
当然、目の前にはいつものtsuさんの寝顔。

「そうそう、こんな人だよ」

しかし夢の余韻に浸る間もなく、7時を告げる携帯のアラーム音がけたたましく寝室に鳴り響いてしまったのであった。
関連記事
[ TB*0 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

うち。 | URL | 2007/07/10(火) 20:07 [EDIT]
小説みたい。ワクワクして読んじゃった。*・:.。.:*(゜∀゜)*:.。.:*

後輩ちゃん | URL | 2007/07/11(水) 14:57 [EDIT]
>当時の担任…。
ププッ誰だろう(´∀`)。
担任は…、まだ大丈夫(覚えてます)。教科担任までいくと…、一部???です(笑)。
◆ちょっと小説風に思われるように意識しちゃってたりして。腐っても文芸部ですし。
うるめいちご | URL | 2007/07/11(水) 23:00 [EDIT]
>うち。さん

楽しんでもらえたならなによりv-398
でも夢の中だとすごい性格が凶暴になってて怖い。
(本性があらわれてるだけかな

>後輩ちゃん

3年間同じだったからねー。
5月5日の節句と同じ名前の先生。

教科担任の先生は覚えてないなぁ。
数学、古典、現国、体育・・・うーん。このくらいまでかな。
4つ下の妹に聞けばもう少し思い出せるかも。

卒業してもう14年かー。
後輩ちゃんと出会って15年だもんね。
すごいなー月日の流れって。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 毒を食らわば皿まで。. all rights reserved. ページの先頭へ